マリーゴールド画像

マリーゴールドの基本的な効能効果

マリーゴールドの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

マリーゴールドの主な働き

  • 活性酵素およびフリーラジカルの活動阻害
  • 有害物質や老廃物の排出促進
  • 消化器官内の有害微生物の殺菌
  • ブルーライトや紫外線ダメージから眼を補修保護
  • ホルモンバランスの調整

マリーゴールドキク科コウオウソウ(マンジュギク)属の植物で、優れた抗菌性をもつことから12世紀頃から観賞用やハーブティーとしてだけでなく感染症予防や火傷・創傷の治癒率向上、じんましんや湿疹などの皮膚疾患、いぼ痔や切れ痔の緩和など軟膏クリームとしても利用されてきました。

抗酸化および抗炎症作用に優れた化合物を豊富に含むマリーゴールドは、老化現象の加速やガン細胞の発生をもたらすフリーラジカルによる細胞の損傷を阻害する作用に優れており、抗真菌作用も有することから胃癌やパーキンソン病の原因ともなるピロリ菌の活動阻害効果も確認されています。

また、体内に蓄積した老廃物や有毒物質を排出する作用をもつマリーゴールドは肝臓や消化器官の機能を改善して免疫力を上げることが可能で、デトックス効果の相乗効果で新陳代謝を促進して美肌効果にも期待することができます。

マリーゴールド過剰摂取による副作用は特に危険視するモノはありませんが、キク科の植物であるブタクサやカモミール、デイジーなどに対してアレルギーがある方の服用は禁止されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでマリーゴールドサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • UV-AやUV-Bなど紫外線による日焼け緩和対策
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化
  • ストレスや更年期による生理不順の改善
  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善
  • 視力低下や目の疲れ(疲れ目)など眼球の補修保護

ハーブ. スパイス.