マカ画像

マカの基本的な効能効果

マカの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

マカの主な働き

  • 免疫システムの強化
  • 男女の性機能改善
  • グルタチオン生成促進作用によるエネルギー増強

マカはペルーに生育するアブラナ科の多年生植物で、タンパク質、食物繊維、19種類のアミノ酸、多種多様のビタミン&ミネラルを含む完全栄養食として知られます。

マカは古くから貧血や慢性的な疲労の治療に利用され、近年では精力増強剤としてED(勃起不全)の改善や精子産生量の増加および精子の質向上作用による男性不妊症の自然療法に利用されています。

男性だけでなくマカは女性の性機能向上効果も確認されており、動悸、頭痛、不眠症、憂鬱感、疲労感など更年期障害の緩和も期待することができます。

体内グルタチオンレベルを高める効果を持つことから運動パフォーマンス向上や筋肉の増強目的にボディビルダーやアスリートの定番サプリメントとなっていますが、現段階では筋肉量の増加促進作用が確認された科学的証拠はありません。

その他にもマカにはエネルギーレベルを高める相乗効果により物事の考え方をポジティブにする作用にも期待できることから、うつ病など精神疾患を改善する可能性が示唆されています。

マカ過剰摂取による副作用として体臭の悪化、吐き気、頭痛、不眠症などの症状が確認されており、さらにマカにはヨウ素が豊富に含まれることから甲状腺機能亢進症(バセドウ病)患者の摂取は危険だと考えられています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでマカサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 男女の性機能の回復
  • 性欲増進効果
  • 妊活や不妊症対策
  • ストレスや更年期による生理不順の改善
  • やる気が出る前向きになるなど物事の考え方を肯定的に改善
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 冷え症や血行障害の改善
  • 食欲増進や食欲不振の改善
  • 疲労回復効果の促進
  • 運動パフォーマンスの向上
  • 筋肉疲労や炎症の治癒力向上

ハーブ. スパイス.