ルテイン画像

ルテインの基本的な効能効果

ルテインカロテノイドの1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ルテインの主な働き

  • 眼をブルーライトや紫外線から補修保護
  • 皮膚や粘膜を紫外線ダメージから保護

眼のビタミンと称されるルテインは文字通りスマホ・パソコンから発せられるブルーライトや紫外線からフィルターとなって目を保護するだけなく、白内障や緑内障、黄斑変性症(AMD)、網膜色素変性症などの眼疾患を緩和予防することを可能とします。

近年スマートフォンの普及などにより日本でも急激な視力低下が社会問題となっていますが、ルテイン眼精疲労や目の疲れ(疲れ目)、ドライアイ、飛蚊症などの症状には効果抜群で、即効性はないものの視力低下だけでなく老眼や近視、遠視、乱視などの症状緩和にも効果が確認されています(視力低下などの原因が脳機能にある場合は効果はない。)。

眼以外にも皮膚や乳房、大腸にも存在するルテインUV-AやUV-Bなどの紫外線から肌を守り、さらに皮膚ガンや乳ガン、大腸ガンなど特定部位のガン細胞増殖を抑制するとして欧米の代替療法でも取り入れられています。

個別でサプリを購入せずともマルチビタミン&ミネラルに配合されている場合が多い成分なので、視力低下やドライアイ、眼精疲労、目の疲れ(疲れ目)にお困りの方はルテイン配合のマルチビタミンが推奨されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでルテインサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 視力低下や目の疲れ(疲れ目)など眼球の補修保護
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • UV-AやUV-Bなど紫外線による日焼け緩和対策

ハーブ. スパイス.