リパーゼ画像

リパーゼの基本的な効能効果

リパーゼの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

リパーゼの主な働き

  • 脂肪分解作用による脂肪蓄積の抑制
  • 脂溶性ビタミンA、E、D、Kの吸収率増加
  • 脂肪分解補助による腸内環境の改善
  • 血糖値、コレステロールの安定化

リパーゼは中性脂肪を加水分解して脂肪酸とグリセリンにする酵素の総称です。

膵臓から分泌されるリパーゼは脂質(脂肪)を分解消化する上で最も重要な消化酵素の1つであるため、脂肪分の多い食事で頻繁に消化不良となる方(特に年配者。)はリパーゼの欠乏が原因である可能性があります。

リパーゼは脂肪をより小さく分解することによってビタミン&ミネラルなどの栄養効率を高めることが可能で、数多い消化酵素の中でも過剰な体重増加の抑制、肥満の防止作用に優れています。

一般的には下痢、消化不良、膨満感、腸ガスなどの緩和、代替療法ではセリアック病(グルテンアレルギー)、IBS(過敏性腸症候群)、クローン病、嚢胞性線維症の治療に利用されています。

また、リパーゼには血糖値・コレステロール値の調整作用もあるため、2型糖尿病、メタボリックシンドロームの予防緩和にも優れています。

リパーゼ過剰摂取による副作用として下痢、胃痛、痙攣などを発症させる場合があります。

また、ほとんどのリパーゼは豚に由来する原料から抽出されているため、重度のアレルギー反応やアナフィラキシーショックを引き起こすケースも報告されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでリパーゼサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 食欲増進や食欲不振の改善
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の緩和
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化

欠乏による症状

  • 消化器官の機能低下
  • 糖質が蓄積することによる肥満
  • 便秘や下痢など腸内環境の悪化
  • 慢性的な疲労感や倦怠感
  • 免疫力の低下
  • ニキビやシミなどの肌荒れ
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の悪化
  • 記憶力や集中力など脳機能の低下
  • 心血管疾患や動脈硬化などのリスク上昇

ハーブ. スパイス.