インゲン豆画像

インゲン豆の基本的な効能効果

インゲン豆の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

インゲン豆の主な働き

  • 炭水化物を分解する消化酵素の活動抑制による脂肪蓄積の予防
  • 食欲ホルモンの不活性化による食欲の抑制
  • 血糖値低下作用による糖尿病など生活習慣病の予防緩和
  • 肝臓、腎臓の解毒機能の改善
  • アセチルコリン合成促進による記憶力、集中力の向上
  • ヘモグロビン合成促進作用による貧血の緩和

インゲン豆は中央アメリカ原産のマメ亜科の一年草植物で、古くから原産地メキシコでは『貧民の肉』と揶揄されていた食品ですが、近年ではビーガンやベジタリアンなどの菜食主義者にとって優秀なタンパク質源として人気を集めています。

炭水化物をブドウ糖に分解する消化酵素であるアミラーゼの阻害作用に優れる生物活性化合物が豊富に含まれるインゲン豆は、食欲ホルモンの抑制作用も確認されていることから、一般的にはダイエット、脂肪蓄積の予防、炭水化物の吸収を抑制する目的で利用されています。

また、インゲン豆は食事後の血糖値とインスリン値の低下作用もあるため、生活習慣病の予防、糖尿病患者の食事療法に取り入れる場合もあります。

さらにインゲン豆にはミネラルであるモリブデンが多量に含まれており、肝臓や腎臓の解毒機能を補助して亜硫酸塩など食品添加物の毒素を中和することができます。

その他にも、高食物繊維による大腸癌・結腸癌の予防、アセチルコリン合成促進による記憶力など脳機能の改善、ヘモグロビン合成促進による貧血の予防緩和などにも期待することができます。

インゲン豆過剰摂取による副作用として下痢、吐き気、腹痛などを引き起こす可能性があります。

また、インゲン豆は栄養吸収阻害『反栄養素(アンチニュートリエント)』作用を持つことで有名なレクチンを多量に含むことから、リーキーガット症候群、甲状腺疾患などの発症リスクを高める危険性が示唆されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでインゲン豆サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 食欲を抑えるなど食欲の軽減効果
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善
  • 腎臓病の予防や腎臓機能の回復改善
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス

ハーブ. スパイス.