カバカバ画像

カバカバの基本的な効能効果

カバカバの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

カバカバの主な働き

  • 神経伝達物質セロトニン、ドーパミン、GABA(ギャバ)の分泌促進
  • 酸化ストレスによる損傷から脳細胞の補修保護
  • 癌細胞の増殖および転移の抑制

カバカバは南太平洋諸島に生育するコショウ科の潅木で、先住民族が何世紀にもわたって儀式の場で緊張状態を緩めるためにアルコールの代用品として利用していました。

カバラクトンという植物性アルカロイドを多量に含むカバカバは脳内のセロトニン、ドーパミン、GABA(ギャバ)など神経伝達物質の増加させて不安感を軽減させる作用に優れることから、代替療法ではうつ病や不眠症、ADHD (注意欠陥・多動性障害)など発達障害の治療に利用しています。

また、カバラクトンには酸化ストレスによる脳細胞への損傷を保護する作用もあり、アルツハイマー病、パーキンソン病、てんかん、線維筋痛症、慢性疲労症候群の改善にも期待することができます。

その他にもカバカバは癌細胞の増殖を阻害する作用も持っており、特に乳癌と前立腺癌の転移抑制効果が高いと考えられています。

カバカバ過剰摂取による副作用として頭痛、めまい、下痢、不眠症などの症状が確認されています。

さらにカバカバは重度の肝細胞損傷の潜在的リスクが存在することから、肝臓障害のある方やアルコールを頻繁に摂取する方の利用は推奨されていません。

実際にスイス、フランス、カナダなどの国々ではカバカバをサプリメントでの使用を禁止しています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでカバカバサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • ストレスの緩和や耐性力の向上
  • 睡眠の質向上や睡眠の健康化
  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上
  • やる気が出る前向きになるなど物事の考え方を肯定的に改善
  • 自律神経の乱れを改善

ハーブ. スパイス.