イソロイシン(BCAA)画像

イソロイシン(BCAA)の基本的な効能効果

イソロイシン(BCAA)はアミノ酸の1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

イソロイシン(BCAA)の主な働き

  • インスリン分泌作用による筋タンパク質合成促進
  • 筋細胞へのグルコース取り込み作用促進
  • 肝臓細胞の構築および肝機能の向上
  • 肝疾患に関連する食欲不振の改善

イソロイシン(BCAA)は体内合成ができない必須アミノ酸で、ロイシンバリンとともにBCAA(分枝鎖アミノ酸)の1つとして分類されています。

BCAA(分枝鎖アミノ酸)に属するイソロイシンは一般的には筋肉量の増加や筋肉組織の修復、疲労軽減、運動パフォーマンスの向上を目的にボディビルダーやアスリートが愛用していますが、筋タンパク質合成促進に優れるロイシンと比較すると筋肉増強剤としての効果はあまり高くはありません。

ただ、名前の通りロイシンの異性体であるイソロイシンは、ロイシンの主要作用である筋タンパク質合成に重要な酵素mTORの活性化や血中グリコーゲン・アミノ酸を細胞に取り込むインスリン分泌効果を高めることができます。

イソロイシンBCAA(分岐鎖アミノ酸)の中でも肝臓と脳細胞の補修保護作用に優れており、様々な肝疾患や物忘れや短期記憶の改善、近年欧米では肝臓癌と糖尿病の治療に大きな期待が寄せられています。

なお、過剰摂取による副作用は特に危険視するものはありませんが、アルコール依存症患者の肝疾患リスクを高める可能性が示唆されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでイソロイシン(BCAA)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 疲労回復効果の促進
  • 運動パフォーマンスの向上
  • 筋肉の増強や成長率アップ
  • 筋肉疲労や炎症の治癒力向上
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善
  • 食欲増進や食欲不振の改善
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化
  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上

欠乏による症状

  • 慢性的な疲労感や倦怠感
  • 免疫力の低下
  • 身体機能の低下
  • 肝臓機能の低下
  • 抜け毛・脱毛、薄毛など頭皮環境の悪化

ハーブ. スパイス.