イヌリン画像

イヌリンの基本的な効能効果

イヌリンの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

イヌリンの主な働き

  • 便秘の改善および食欲の抑制
  • 善玉菌活性化による腸内環境の改善
  • 血糖値およびLDLコレステロールの低下
  • カルシウムやマグネシウムの吸収率を増加

イヌリンは多種多様な果物や野菜、植物に含まれる多糖類の1種で、腸内の善玉菌(特にビフィズス菌。)を増加させるプロバイオティクスとしての役割を果たします。

可溶性繊維であるイヌリンは人間の消化酵素によって分解吸収されることなく消化器系を通過し、腸内の水分と組み合わさることで膨張して自然な形で便秘を改善することが可能で、欧米の自然療法ではカンジダ症IBS(過敏性腸症候群)の治療に利用することがあります。

イヌリンは水分だけでなく腸内の化学毒素や老廃棄物を絡み取る役割を持つことから腹部の脂肪を減少させる効果にも期待することができ、胃の消化を遅くさせ満腹感を長時間維持することで食欲を減らして体重の増加防止を可能とします。

さらに食事中のコレステロール吸収の妨害と血糖値上昇の抑制作用を持つイヌリンは、悪玉コレステロールを低下させて2型糖尿病の緩和にも期待することができます。

その他にもイヌリンにはカルシウムマグネシウムなどのミネラル吸収率を高める効果も確認されていることから、骨粗鬆症の改善目的に利用されることもあります。

イヌリン過剰摂取による副作用は鼓腸(腸内ガスの増加。)や下痢など軽度なモノばかりですが、イヌリン有害な微生物を増加させて腸内環境の逆に悪化させる可能性があります。

そのため、欧米ではイヌリンをサプリメントで摂取する場合はプロバイオティクス (乳酸菌)との併用が一般的です。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでイヌリンサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 食欲を抑えるなど食欲の軽減効果
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • 口臭や歯周病などオーラルケア
  • 健康的な骨や歯の形成または促進

ハーブ. スパイス.