インドール-3-カルビノール画像

インドール-3-カルビノールの基本的な効能効果

インドール-3-カルビノールの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

インドール-3-カルビノールの主な働き

  • フリーラジカルや放射線の中和による細胞の保護
  • 性ホルモンのバランス維持
  • 有害物質を解毒や細胞再生に関連する酵素の活性化
  • がん疾患や悪性腫瘍の予防緩和

インドール-3-カルビノールはブロッコリー、カリフラワー、キャベツなどアブラナ科野菜に含まれる植物性化合物です。

フリーラジカルや放射線による細胞損傷の軽減に優れるインドール-3-カルビノールは、細胞の再生と有害物質を解毒する酵素の活性化作用を併せ持つことから、線維筋痛症、全身性エリテマトーデス、気道内の腫瘍の治療に利用されています。

インドール-3-カルビノールは女性のホルモンバランスおよび生殖器の健全化に優れた物質で、乳腺症、乳腺炎、子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症、子宮内膜炎、子宮内膜増殖症、卵巣嚢腫、PMS(月経前症候群)、更年期障害の改善に優れることから欧米女性が利用する定番サプリメントの一つとなっています。

女性だけでなくインドール-3-カルビノールは男性ホルモンであるテストステロンの分泌促進作用もあるため、運動パフォーマンスや筋肉増強率の向上効果を期待してボディビルダーやアスリートの愛用者も目立ちます。

ブロッコリーやカリフラワーという抗癌作用に優れた野菜に豊富に含まれるインドール-3-カルビノールは、欧米の代替療法では乳癌、卵巣癌、子宮頸癌、子宮内膜癌、前立腺癌、大腸癌(結腸癌、直腸癌)の治療にも利用することがあります。

インドール-3-カルビノール過剰摂取による副作用として甲状腺のホルモンバランスに影響を与える可能性があるため、バセドウ病(甲状腺機能亢進症)橋本病(甲状腺機能低下症)など甲状腺機能が低下している女性の方は特に注意が必要となります。

なお、女性疾患の緩和には相乗効果が確認されているオメガ3(EPA、DHA)、ビタミンEとの併用が推奨されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでインドール-3-カルビノールサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • 疲労回復効果の促進
  • 運動パフォーマンスの向上
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス
  • 自律神経の乱れを改善
  • ストレスや更年期による生理不順の改善
  • 男女の性機能の回復

ハーブ. スパイス.