ヒアルロン酸画像

ヒアルロン酸の基本的な効能効果

ヒアルロン酸の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ヒアルロン酸の主な働き

  • 軟骨の生成促進による関節痛の軽減
  • コラーゲンの生成促進作用による美容効果
  • 骨密度を改善による骨粗鬆症の緩和
  • 食道、腸管細胞の構築による機能の改善

ヒアルロン酸は人体のほぼ全ての細胞に存在するムコ多糖類です。

関節の柔軟性を高める作用に優れるヒアルロン酸は、欧米の代替療法では主に変形性関節症の治療に利用されています。

また、コラーゲンの生成と肌の保湿機能にも関連するヒアルロン酸はサプリメントだけでなく化粧品の原料としても使用されており、美白効果、乾燥肌の改善、アンチエイジングや老化予防、ニキビや肌荒れの予防、しわ・しみ・たるみの改善、紫外線ダメージの緩和などを期待することができます。

関節や皮膚だけでなくヒアルロン酸は目の水分量を維持する作用にも優れているので、白内障、ドライアイの治療にも利用することがあります。

その他にも骨組織の強化による骨粗鬆症の改善、食道細胞構築による逆流性食道炎の緩和などが確認されています。

ヒアルロン酸過剰摂取による副作用として下痢、吐き気、アレルギー反応、肝疾患を悪化させる可能性があります。

さらにヒアルロン酸は癌細胞の成長を促進する可能性が示唆されているため、癌疾患、悪性腫瘍の患者の利用は推奨されていません。

なお、美容目的で利用する場合はフィッシュオイル(オメガ3、EPA、DHA)、ビタミンC、ビタミンEの併用が推奨されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでヒアルロン酸サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 軟骨の生成や関節痛の軽減
  • 美白効果
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • UV-AやUV-Bなど紫外線による日焼け緩和対策
  • 発疹や湿疹など皮膚疾患の緩和
  • 視力低下や目の疲れ(疲れ目)など眼球の補修保護
  • 健康的な骨や歯の形成または促進
  • 吸収消化など消化器機能の向上

ハーブ. スパイス.

アミノ糖. ムコ多糖.