フペルジンA画像

フペルジンAの基本的な効能効果

フペルジンAの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

フペルジンAの主な働き

  • アセチルコリンエステラーゼ阻害作用によるアルツハイマー病の緩和
  • 神経細胞(ニューロン)の補修保護による物忘れや記憶力の改善
  • ノルアドレナリン、ドーパミンの分泌量増加による多幸感の向上

フペルジンAはシダ植物のトウゲシバに含まれるアルカロイドで、古くから中国医学で風邪やリウマチなどの治療に用いられていました。

フペルジンAは脳内の神経伝達物質アセチルコリンを分解する酵素の阻害作用に優れており、欧米の代替療法では一般的にアルツハイマー病、認知症、ADHD (注意欠陥・多動性障害)など発達障害の治療に利用しています。

また、フペルジンAにはグルタミン酸の毒性による神経細胞(ニューロン)の保護作用とノルアドレナリン・ドーパミンの分泌量増加作用も確認されており、その結果として物忘れ、記憶力、認知能力、学習能力を改善することができます。

さらに、神経細胞を損傷する可能性のある免疫酵素の働きを抑制することから、重症筋無力症の治療にも利用することがあります。

フペルジンA過剰摂取による副作用として吐き気、発汗、下痢、筋肉の痙攣、心拍数の低下などが報告されています。

その他にも喘息や肺気腫、てんかんの持病を悪化させる危険性が示唆されています。

アルツハイマー病や認知症の治療や物忘れ、記憶力、認知能力、学習能力の改善目的でフペルジンAを利用する場合は相乗効果が確認されているビンポセチン、アセチル-L-カルニチン、α-リポ酸(R-リポ酸)の併用が推奨されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでフペルジンAサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上
  • 自律神経の乱れを改善
  • やる気が出る前向きになるなど物事の考え方を肯定的に改善

ハーブ. スパイス.

アルカロイド.