ホップ画像

ホップの基本的な効能効果

ホップの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ホップの主な働き

  • 鎮静作用による不眠症の緩和
  • GABA(ギャバ)分泌促進作用による認知機能の向上
  • 植物エストロゲン作用による更年期障害の改善
  • 血糖値低下作用による生活習慣病の予防緩和

ホップはアサ科カラハナソウ属の多年草植物で、古くからヨーロッパの民間療法で鎮静剤として利用されていました。

ビールの原料として有名なホップですが、ホップにはストレスと不安の緩和させる鎮静作用と幸福感を高める脳内のGABA(ギャバ)濃度向上作用があるため、欧米では主に不眠症、うつ病、ADHD (注意欠陥・多動性障害)など発達障害の緩和目的で利用されています。

また、ホップには頭皮の毛穴を開き、ふけを軽減させる作用もあり、頭皮に直接ホップエキスを浸してからマッサージすることで育毛発毛を促進することができます。

その他にも植物エストロゲン作用による更年期障害の改善、血糖値低下作用による糖尿病の改善、脳内の酸化的ストレス軽減作用による認知機能の向上などが確認されています。

ホップ過剰摂取による副作用として頭痛、吐き気、下痢、うつ病の悪化、ホルモン感受性に関連する乳癌・子宮癌・子宮内膜症の悪化などが示唆されていますが、ハーブ類の中でも副作用リスクは低いと考えられています。

なお、不眠症、うつ病、ADHD (注意欠陥・多動性障害)など発達障害の緩和目的で利用する場合はレモンバーム、バレリアン、パッションフラワーとの併用が推奨されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでホップサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 睡眠の質向上や睡眠の健康化
  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上
  • ストレスや更年期による生理不順の改善
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 吸収消化など消化器機能の向上

ハーブ. スパイス.