ギムネマ(ホウライアオカズラ)画像

ギムネマ(ホウライアオカズラ)の基本的な効能効果

ギムネマ(ホウライアオカズラ)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ギムネマの主な働き

  • 糖類の食欲抑制作用による脂肪蓄積の防止
  • 糖吸収の阻害作用による血糖値の低下
  • インスリン分泌量の増加作用による膵臓細胞の補修保護
  • 中性脂肪およびLDLコレステロールの低下

ギムネマ(ホウライアオカズラ)はインドの熱帯雨林で生育するキョウチクトウ科のつる植物で、数世紀以上にわたってインド大陸の伝統的医学アーユルヴェーダで糖尿病の治療や体重管理療法として取り入れられていました。

ヒンディー語を直訳すると『砂糖駆逐艦』を意味するギムネマは、その名の通り糖類抑制剤として知られ、舌の糖受容体を阻害することで砂糖の甘味を感知する能力を低下させ、甘い食べ物への渇望を減らすことができます。

また、ギムネマは腸管における糖(グルコース)吸収をブロックして血糖値を有意に低下させることができるため、日本ではダイエットや脂肪燃焼効果を期待して利用することが一般的ですが、欧米の代替療法では糖尿病、メタボリック・シンドロームの治療に利用しています。

その他にもギムネマには体内のインスリン分泌量の増加作用による膵臓細胞の復元、LDLコレステロール(悪玉)および中性脂肪(トリグリセリド)の低下作用も確認されています。

ギムネマ過剰摂取による副作用として血糖値の低下による慢性的な疲労感、めまい、睡眠障害などが発症することがあり、もとより低血糖症気味の方の服用は基本的に推奨されていません。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでギムネマ(ホウライアオカズラ)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 食欲を抑えるなど食欲の軽減効果
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持

ハーブ. スパイス.