ガラナ画像

ガラナの基本的な効能効果

ガラナの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ガラナの主な働き

  • 疲労の軽減および活動エネルギーの増強
  • 代謝機能の向上および食欲の抑制
  • 血液循環の改善による脳機能の向上
  • 大腸菌の殺菌作用による腸内細菌叢の改善

ガラナはブラジルのアマゾン川流域に生育するムクロジ科ガラナ属のつる植物で、アマゾンの先住民族が何世紀にもわたって下痢、発熱、片頭痛、神経痛などの治療に利用していました。

カフェイン、テオフィリン、テオブロミンなど覚醒作用に優れたアルカロイドを多量に含むガラナは、興奮剤や食欲抑制剤としてエナジードリンクの原料となっています。

コーヒー豆の約4倍のカフェインを含むガラナは疲労軽減効果は勿論のこと、中枢神経系を直接刺激して集中力と活動エネルギーを高めることができます。

天然カフェインを多量に含むガラナ合成カフェインと比較して劇的な効果は望めないものの副作用リスクは非常に低く、さらに集中力や認知力を高める効力が長時間持続すると考えられています。

また、脂肪の分解機能を刺激する作用を持つガラナは身体全体の代謝機能を高めて体重減少を促進させるだけでなく、食欲を抑制する効果も確認されています。

さらにガラナには血液循環の改善と脳細胞を刺激する作用を持つ化合物が含まれるため、記憶力や認知力、学習能力、幸福感を向上させることで精神疾患の緩和効果にも期待できると考えられています。

その他にもタンニンの持つ抗菌作用による慢性的な下痢・便秘、過敏性腸症候群(IBS)の緩和、DNAの損傷保護作用による癌細胞の増殖抑制および死滅効果、関節リウマチなどの神経痛の軽減効果などがあるとされていますが、ガラナが人体にどのような影響を与えるかを示した科学的根拠はほとんどありません。

ガラナ過剰摂取による副作用としてカフェイン毒性による心臓の動悸、吐き気、嘔吐、めまいなど軽度なモノから、不眠症、心臓病、糖尿病、高血圧、過敏性腸症候群(IBS)、統合失調症の症状を悪化させる可能性が示唆されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでガラナサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • やる気が出る前向きになるなど物事の考え方を肯定的に改善
  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上
  • ストレスの緩和や耐性力の向上
  • 運動パフォーマンスの向上
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 食欲を抑えるなど食欲の軽減効果
  • 冷え症や血行障害の改善

ハーブ. スパイス.