緑茶画像

緑茶の基本的な効能効果

緑茶エキスカテキンカフェインテアニン)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

緑茶の主な働き

  • 脂質の分解補助による脂肪燃焼の促進
  • 血管の柔軟性向上による心筋梗塞や脳卒中など心血管疾患予防
  • ガン細胞の発生および増殖の抑制
  • 抗菌作用による虫歯予防および口臭の抑制

緑茶には劇的に変化を及ぼすほどの健康作用は備わっていないものの、あらゆる体調不良や万病の予防を可能とする非常に優秀な補助栄養素を多く含んでいます。

まず緑茶は脂肪分解酵素の補助と血管の柔軟性向上効果に優れており、糖尿病や高血圧などの生活習慣病、心筋梗塞や脳卒中など心血管疾患の予防緩和が可能で、特に緑茶ポリフェノールの一種であるカテキン乳ガン、大腸ガン、胃ガン、肺ガンなどのガン予防作用だけでなく、子宮体癌(子宮頸癌)や前立腺癌など男女生殖器におけるガン細胞の増殖を抑制するとして欧米の代替療法でも使用されるほど高い抗がん作用を有しています。

その他にもニキビや肌荒れ予防、アンチエイジング効果および老化予防、うつ病などの精神疾患の緩和、ストレス耐性の向上、整腸作用、利尿作用、虫歯予防および口臭の抑制など様々な効能を有する緑茶ですが残念なことに飲みすぎによるデメリットも多く存在し、カフェイン過剰摂取による不眠症、神経過敏、頭痛、腹痛、吐き気タンニンの吸収率を妨げる作用による貧血シュウ酸による尿路結石や腎不全などの副作用が懸念されており、大量摂取になりがちなサプリメントでは扱いにくい成分であると言えます。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbで緑茶サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • がん疾患や悪性腫瘍対策
  • ストレスの緩和や耐性力の向上
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 吸収消化など消化器機能の向上

ハーブ. スパイス.