グリーンコーヒー豆画像

グリーンコーヒー豆の基本的な効能効果

グリーンコーヒー豆の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

グリーンコーヒー豆の主な働き

  • 脂肪およびグルコース(ブドウ糖)の代謝促進
  • 血圧の低下および血糖値の正常化促進
  • 活性酸素による細胞酸化を抑制作用によるアンチエイジング効果
  • 肝臓の解毒機能のサポート
  • カフェインの覚醒作用による集中力やモチベーションのアップ

グリーンコーヒーは焙煎されていない状態のコーヒー豆で、脂肪の代謝作用に優れるクロロゲン酸(CGA)というポリフェノールを豊富に含んでおり、食欲を抑える効果も期待できると米国で著名な健康学者が推奨したことで近年最も注目を集めているダイエット食品の一つとなっています。

クロロゲン酸(CGA)は体内の糖と脂肪代謝および脂肪燃焼能力自体を向上させる作用にもっており、その他にも血糖値の正常化および血圧の低下を可能とすることから、糖尿病や高血圧、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の緩和、心筋梗塞や脳卒中など心血管疾患、動脈硬化の予防にも期待することができます。

さらにクロロゲン酸(CGA)は老化の主原因である活性酸素による細胞酸化を抑制するアンチエイジング効果や、血液や肝臓を損傷させるフリーラジカルの活動を抑制する作用も有するため、ボディビルダーやアスリートの愛用者も多くみられるようになっています。

コーヒー豆なので覚醒作用に優れ集中力やモチベーションのアップさせるカフェインを当然含んでいますが、グリーンコーヒーは焙煎したコーヒー豆と比較してカフェインを少量しか含まないため、副作用および潜在的リスクの多いカフェインの過剰摂取を自然と避けることができます。

ただ、グリーンコーヒー豆糖尿病や高血圧、うつ病などの精神疾患の医薬品に影響を及ぼす可能性が示唆され、さらに少量とはいえカフェインを含んでいるため便秘や下痢、頭痛、睡眠障害などカフェイン特有の副作用がみられた場合は服用を中止してください。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでグリーンコーヒー豆サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 食欲を抑えるなど食欲の軽減効果
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上
  • やる気が出る前向きになるなど物事の考え方を肯定的に改善
  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善

ハーブ. スパイス.