グルコサミン画像

グルコサミンの基本的な効能効果

グルコサミンの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

グルコサミンの主な働き

  • 軟骨、靭帯、腱の生成促進による関節痛の軽減
  • 抗炎症、抗酸化作用による免疫疾患の緩和

グルコサミンは化学的にアミノ糖に分類される化合物で、主に関節・軟骨・靭帯・腱を構築する上で重要な役割を果たしています。

関節の衝撃吸収と潤滑作用を持つグルコサミンは関節の痛みを抑制することが可能で、欧米の代替療法では変形性関節症の治療に利用されています。

また、皮膚細胞の生成と保湿作用も確認されているグルコサミンは、しわ・たるみ・色素沈着の緩和にも期待することができます。

その他にもグルコサミンには特殊な抗炎症・抗酸化作用があり、僅かではありますが緑内障、多発性硬化症、炎症性腸疾患、潰瘍性大腸炎の緩和も確認されています。

日本では効果のないサプリメントとして頻繁に名の挙がるグルコサミンですが、実験で利用されている形態は『硫酸グルコサミン』であり、その他の塩酸グルコサミン、N-アセチルグルコサミンでは効力が低い可能性が示唆されています。

その理由は硫酸グルコサミンに含まれる『硫酸塩』にも軟骨生成を促進する作用が確認されているためで、そのことからサプリメントでグルコサミンを利用する場合は『硫酸グルコサミン』が推奨されています。

グルコサミン過剰摂取による副作用として下痢、便秘、吐き気などを発症させる場合があり、さらに血糖値・コレステロール値・血圧を上昇させる危険性が示唆されています。

なお、関節痛の軽減目的で利用する場合はコンドロイチン、MSM(メチルスルホニルメタン)、コラーゲン、ヒアルロン酸との併用が一般的となっていますが、科学的に相乗効果が確認されているわけではありません。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでグルコサミンサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 軟骨の生成や関節痛の軽減
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • しわ・しみ・たるみの改善

ハーブ. スパイス.

アミノ糖. ムコ多糖.