イチョウ葉エキス画像

イチョウ葉エキスの基本的な効能効果

イチョウ葉エキスの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

イチョウ葉エキスの主な働き

  • 血管の拡張および血小板の粘着性の減少
  • 血液循環の改善
  • 脳への酸素供給の促進
  • 神経系への酸化ストレスに対しての補修保護

イチョウ(銀杏)は恐竜が食物連鎖の頂点に君臨していた中生代より太古の姿のまま生存している生きた化石とも称される裸子植物で、1,000年以上前から中国医学で喘息、気管支炎、アレルギーなどの治療に利用されてきました。

血管の拡張、血小板の粘着性の減少、血液循環の改善作用を持つイチョウ葉エキスは、記憶力や認知力など脳機能の改善に優れており、なによりも脳への酸素供給量を増加させる作用も有することからうつ病、ADHD (注意欠陥・多動性障害)など発達障害、統合失調症、欧米では特にアルツハイマー病の治療に大きな成果を挙げています。

さらに、強力な抗酸化作用を持つ天然有機化合物フラボノイド、テルペノイドを豊富に含むイチョウ葉エキスは、ミトコンドリアの損傷や神経系の酸化ストレスに対しての保護作用を持っており、慢性疲労症候群、片頭痛、難聴などの緩和にも期待することができます。

世界的な薬理学で認知機能の改善に最も優秀なハーブ療法と報告されているイチョウ葉エキスですが、重金属や化学薬品によって引き起こされた神経系の損傷には無力なため、現代人の脳機能改善にはあまり期待することができないのが現実です。

イチョウ葉エキス過剰摂取による副作用として頭痛、めまい、高血圧、アレルギー性皮膚炎の発症が報告されており、さらに動物実験の結果だけではあるものの不妊症や悪性腫瘍の発症リスクを高める危険性が示唆されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでイチョウ葉エキスサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上
  • やる気が出る前向きになるなど物事の考え方を肯定的に改善
  • 自律神経の乱れを改善
  • 冷え症や血行障害の改善
  • 睡眠の質向上や睡眠の健康化
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化
  • 視力低下や目の疲れ(疲れ目)など眼球の補修保護

ハーブ. スパイス.