ジンジャー(生姜)画像

ジンジャー(生姜)の基本的な効能効果

ジンジャー(生姜)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ジンジャーの主な働き

  • 胃腸などの消化器官の改善
  • 抗炎症作用による関節痛および筋肉痛の緩和
  • 抗癌作用による癌細胞の活動抑制

ジンジャー(生姜)はショウガ科の多年草植物で、古代中国やローマ時代から2,000年以上にもわたって自然療法で利用されている由緒あるハーブ薬です。

ジンジャーには有益な健康利益を持つ様々な生物活性化合物が多く含まれ、古くから吐き気、めまい、消化不良、胸やけ、腹痛など主に消化器系の治療に使用されていました。

近年ではジンジャーの持つ優秀な抗炎症と鎮痛性作用による関節痛や筋肉痛の軽減効果に注目が集まっており、欧米では変形性関節症、関節リウマチ、片頭痛、生理痛の緩和目的の利用が多くなっています。

ジンジャーに含まれる活性化合物は癌細胞の増殖を阻害する作用に優れていると考えられ、特に膵臓癌、胃癌、大腸癌(結腸癌・直腸癌)、卵巣癌、前立腺癌に対して有効性があると確認されています。

ジンジャー過剰摂取による副作用として血糖値および血圧を低下させる可能性があるため、血圧関連に問題を抱える方は注意が必要となります。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでジンジャー(生姜)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 口臭や歯周病などオーラルケア
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善
  • インフルエンザや風邪の予防
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の緩和

ハーブ. スパイス.