ニンニク(ガーリック)画像

ニンニク(ガーリック)の基本的な効能効果

ニンニク(ガーリック)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ニンニクの主な働き

  • 血管プラークの溶解作用による血流の改善
  • 血液洗浄作用による肌や髪質の改善
  • 体内の有害微生物や寄生虫の駆除
  • 胃腸の消化機能を改善による基礎栄養素の吸収率向上
  • 癌細胞の増殖抑制および死滅効果
  • フリーラジカルの損傷による脳細胞の保護
  • 腸内の腐敗物質の発酵抑制による腸内環境の改善
  • 体内に蓄積した重金属の解毒

ニンニク(ガーリック)はヒガンバナ科ネギ属の多年草で、エジプト、ローマ、ギリシャ、中国の主要文明全ての自然療法で利用されてきた由緒あるハーブとして知られます。

ニンニクには数えきれないほどの健康利益がありますが、その中でも特に動脈の内壁に蓄積した血管プラークを溶かす作用に優れており、動脈硬化、心筋梗塞、狭心症、脳卒中、片頭痛など心血管疾患の予防緩和を可能とします。

また、血管プラークの溶解だけでなく血流の改善、血小板凝集の抑制、LDLコレステロールの低下、血圧の調整、血液の浄化作用を持つニンニクは血液血管の質を高める相乗効果により、アンチエイジングや若返り効果、ニキビなど肌荒れの緩和、育毛発毛の促進、花粉症などのアレルギー症状の緩和、糖尿病の改善、慢性疲労症候群の緩和、性欲の増進、運動パフォーマンスの向上など多種多様な効果を期待することができます。

さらに抗炎症、抗真菌性、抗ウイルス性、抗寄生虫作用を併せ持つニンニクは、インフルエンザや風邪の予防緩和、体内の有害微生物や寄生虫の駆除、便秘・下痢・胃炎・大腸炎の緩和は勿論のこと、胃腸の消化機能を改善してビタミン&ミネラルなどの基礎栄養素の吸収率を高めることができます。

その他にもニンニクに豊富に含まれる生物活性硫黄化合物による癌細胞の活動抑制、脳細胞の酸化ダメージ保護作用によるアルツハイマー病・認知症の予防緩和、腸内に蓄積した腐敗物質の発酵抑制作用による腸内微生物叢の改善、重金属の毒性による臓器障害の軽減効果などを期待することができます。

ただ、ニンニクに含まれる生物活性化合物は加熱されていない生の状態でなければ最大限の効力を得られないため、ニンニクを代替療法で利用する場合はサプリメントや熟成醗酵させた黒ニンニクを摂取するのが一般的です。

ニンニク過剰摂取による副作用として口臭、胸やけ、胃の不快感、嘔吐、下痢を引き起こすことがあり、またニンニクには血圧を低下させる作用があるため低血圧の方の利用は注意が必要となります。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでニンニク(ガーリック)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 冷え症や血行障害の改善
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 疲労回復効果の促進
  • 食欲増進や食欲不振の改善
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • インフルエンザや風邪の予防
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の緩和
  • 運動パフォーマンスの向上
  • 筋肉疲労や炎症の治癒力向上
  • 性欲増進効果
  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス

ハーブ. スパイス.