ガルシニア・カンボジア画像

ガルシニア・カンボジアの基本的な効能効果

ガルシニア・カンボジアの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ガルシニア・カンボジアの主な働き

  • 脂肪合成に関わる酵素の阻害
  • 食欲の抑制および砂糖への欲求軽減
  • LDLコレステロールおよび血糖値の低下

ガルシニア・カンボジアは東南アジアの亜熱帯地域で栽培されている小さなカボチャ状のフルーツです。

ガルシニア・カンボジアは古くから胃腸薬として利用されていましたが、果実の皮に食欲の抑制と炭水化物の吸収阻害に優れた植物化合物ヒドロキシルクエン酸(HCA)が確認されてから、ダイエットや脂肪燃焼を促進する健康補助食品として世界中で普及しています。

ヒドロキシルクエン酸(HCA)は脂肪細胞を形成する酵素ATPクエン酸リアーゼの働きを阻害する作用に優れており、特に腹部の脂肪蓄積を減少させるのに効果的であると考えられています。

さらに、神経伝達物質セロトニンの産生を増加させる作用もあることから、食への欲求の軽減は勿論のこと、砂糖など甘い物への欲求を減らす効果にも期待することができます。

その他にもガルシニア・カンボジアにはLDLコレステロール(悪玉)の低下およびHDLコレステロール(善玉)の上昇、血糖値の安定化、免疫システムの強化、運動パフォーマンスの向上、関節痛を軽減させる可能性が示唆されていますが、有効性があるかの科学的根拠は十分ではありません。

ガルシニア・カンボジア過剰摂取による副作用として吐き気、めまい、下痢など基本的なモノから、双極性障害(躁うつ病)や肝疾患を悪化させる可能性が示唆されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでガルシニア・カンボジアサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 食欲を抑えるなど食欲の軽減効果
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 運動パフォーマンスの向上
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上

ハーブ. スパイス.