フィーバーフュー(ナツシロギク)画像

フィーバーフュー(ナツシロギク)の基本的な効能効果

フィーバーフュー(ナツシロギク)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

フィーバーフューの主な働き

  • 脳血管の収縮抑制による片頭痛の緩和
  • DHT阻害作用による育毛発毛の促進
  • 抗炎症作用による関節痛、皮膚疾患の改善
  • ヒスタミン分泌抑制によるアレルギー症状の緩和

フィーバーフュー(ナツシロギク)は東ヨーロッパのバルカン山脈を原産とするキク科ヨモギキク属の多年草植物で、古代ギリシャ時代から発熱、頭痛、関節痛、皮膚疾患など多種多様な疾患の治療に利用されていました。

セロトニン分泌を阻害して脳血管の収縮を抑制させる作用に優れるパルテノライドを豊富に含むフィーバーフューは、欧米の代替療法では片頭痛、めまい、耳鳴り、メニエール病の治療に利用しています。

また、フィーバーフューには男性ホルモンのテストステロンジヒドロテストステロン(DHT)に変換する酵素5αリダクターゼの活動を阻害する作用があり、脳への血液と酸素供給量の増加作用との相乗効果により、日本では脱毛抜け毛の緩和、育毛発毛の促進効果に優れるハーブとして人気を集めています。

さらに、強力な抗炎症作用を持つフィーバーフューは、関節リウマチ、乾癬、喘息の緩和、癌や悪性腫瘍の細胞死(特に膵臓癌、肝臓癌、乳癌、肺癌、結腸癌、皮膚癌、白血病、リンパ腫、多発性骨髄腫。)も確認されています。

その他にもヒスタミン分泌抑制作用によるアレルギーの緩和、抗菌作用によるインフルエンザなど感染症の予防にも期待することができます。

フィーバーフュー(ナツシロギク)過剰摂取による副作用として下痢、便秘、嘔吐、めまい、頭痛、不眠症を発症させることがあり、また、キク科の植物であるマリーゴールド、ブタクサ、カモミール、デイジーに対してアレルギーがある方は注意が必要となります。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでフィーバーフュー(ナツシロギク)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 冷え症や血行障害の改善
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の緩和
  • 発疹や湿疹など皮膚疾患の緩和
  • インフルエンザや風邪の予防

ハーブ. スパイス.