フェヌグリーク画像

フェヌグリークの基本的な効能効果

フェヌグリークの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

フェヌグリークの主な働き

  • 血糖値、コレステロールの低下による生活習慣病の予防緩和
  • 性ホルモン活性化による運動量、性機能の改善
  • 抗炎症作用による呼吸器疾患の緩和
  • アポトーシス(細胞死)誘導による癌細胞の死滅
  • アセチルコリンエステラーゼ阻害作用による認知機能の向上

フェヌグリークは地中海地域を原産とするマメ科の一年生植物で、何千年にもわたって消化器や皮膚疾患の治療に利用されていました。

フェヌグリークには血糖値・コレステロール値・トリグリセリド(中性脂肪)の低下、インスリン抵抗性の改善作用があり、欧米の代替療法では一般的に糖尿病の治療に利用しています。

また、フェヌグリークには性ホルモン形成に不可欠なジオスゲニンが含まれるため、テストステロン増加作用による運動パフォーマンスの向上、筋肉の増強、ダイエット・脂肪燃焼効果目的にボディービルダーやアスリートの利用も目立ちます。

男性だけでなく女性ホルモンの活性化作用も持つため、月経前症候群(PMS)、更年期障害の緩和目的で利用することもあり、近年ではエストロゲン活発化によるバストアップ目的の利用が多くなっています。

その他にも抗炎症作用による慢性咳・気管支炎・結核など呼吸器疾患の緩和、癌細胞アポトーシス(細胞死)誘導作用による抗がん作用(特に結腸癌、白血病、乳癌、前立腺癌。)、アセチルコリンエステラーゼ阻害作用による記憶力や認知力など脳機能の向上が確認されています。

フェヌグリーク過剰摂取による副作用として頭痛、めまい、下痢などを発症させる場合があり、重度のものだと低血糖症、アレルギー反応、体臭(尿と汗。)の悪化、甲状腺疾患を悪化させる可能性があります。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでフェヌグリークサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 食欲増進や食欲不振の改善
  • 運動パフォーマンスの向上
  • 筋肉の増強や成長率アップ
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 性欲増進効果
  • 男女の性機能の回復
  • ストレスや更年期による生理不順の改善
  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上

ハーブ. スパイス.