フェンネル(ウイキョウ)画像

フェンネル(ウイキョウ)の基本的な効能効果

フェンネル(ウイキョウ)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

フェンネルの主な働き

  • 腸内環境の改善および腸痙攣の抑制
  • 女性ホルモンの安定化
  • 抗炎症および抗菌作用による消化器系の改善

フェンネル(ウイキョウ)は地中海沿岸部に生息するセリ科ウイキョウ属の多年草植物で、古代ギリシャ時代から薬用ハーブとして伝統的に咳、発熱、切傷、腹痛などの治療に利用されていました。

フェンネルは腸の痙攣を抑制する作用に優れることから、近年では便秘、大腸炎、過敏性腸症候群(IBS)、鼓腸(腸のガス溜まり)の治療に利用することが一般的となっています。

特に女性ホルモンの1種エストロゲンの調整作用を持つフェンネルPMS(月経前症候群)や更年期障害の緩和に優れており、欧米では母乳の生産促進および乳児疝痛の改善目的に乳児期の母親が利用することがあります。

その他にも抗菌性および抗炎症作用を持つ化合物を豊富に含むことから、喉の痛み、咳、喘息、気管支炎の緩和目的にハーブティーとして愛用する利用者が多く見られます。

フェンネル過剰摂取による副作用として嘔吐、発作などを引き起こす場合があり、セロリやニンジンなどセリ科の植物にアレルギーのある方の服用は危険だと考えられています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでフェンネル(ウイキョウ)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 口臭や歯周病などオーラルケア
  • ストレスや更年期による生理不順の改善
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上

ハーブ. スパイス.