EPA(オメガ3、エイコサペンタエン酸)画像

EPA(オメガ3、エイコサペンタエン酸)の基本的な効能効果

EPA(オメガ3、エイコサペンタエン酸)不飽和脂肪酸の1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

EPA(オメガ3、エイコサペンタエン酸)の主な働き

  • 血小板凝集抑制作用による血流の改善
  • 抗炎症作用によるアトピーおよびアレルギー症状の緩和
  • 中性脂肪(トリグリセリド)低下による生活習慣病の予防

EPA(エイコサペンタエン酸)は同じオメガ3脂肪酸であるDHA(ドコサヘキサエン酸)とともに魚介類に豊富に含まれ、主に血液の凝固を抑制する作用に優れており、心筋梗塞、脳卒中、動脈硬化など心血管疾患の予防緩和は勿論のこと、血行障害による冷え症や肩こりの改善にも期待することができます。

抗炎症作用を有しているEPA(エイコサペンタエン酸)アトピー性皮膚炎や花粉症、アレルギー性鼻炎、化学物質過敏症などアトピー・アレルギー症状の緩和が可能で、さらに感染症を抑制するだけでなく痛みや腫れを軽減する効果も確認されているので、欧米では骨折など深手を負った患者や術後の治癒力を高めるためにEPAとともにRNA(リボ核酸)L-アルギニンを同時に摂取するよう推奨しています。

同じオメガ3脂肪酸であるDHA(ドコサヘキサエン酸)のような優秀な神経細胞の修復作用は有していませんが、精神状態を安定させる効果が確認されており、僅かにではありますがうつ病や統合失調症など精神疾患の緩和も可能とします。

DHA(ドコサヘキサエン酸)と同様に人間の体内ではほぼ合成が不可能なEPAは栄養補助食品での摂取が推奨されていますが、サプリメントで多量に摂取すると血圧を下げる可能性があるため血圧に関連する医薬品を服用している方は注意が必要となります。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでEPA(オメガ3、エイコサペンタエン酸)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 冷え症や血行障害の改善
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • ストレスや更年期による生理不順の改善
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化

欠乏による症状

  • 免疫力の低下
  • やる気が出ない物事の考え方が否定的になるなど精神の不安定化
  • 血行不良による冷え性や目の下のクマ、肩こりの悪化
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の悪化
  • 抜け毛・脱毛、薄毛など頭皮環境の悪化
  • 心血管疾患や動脈硬化などのリスク上昇

ハーブ. スパイス.