消化酵素画像

消化酵素の基本的な効能効果

消化酵素の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

消化酵素の主な働き

  • 消化器官の補助
  • 腸内フローラの改善
  • 基礎栄養素の吸収率およびエネルギー変換の向上

消化酵素タンパク質、脂質、糖質(炭水化物)、食物繊維を中心に多種多様な栄養素を含む食物を消化分解する役割を持つ酵素のことです。

長期にわたってストレスや乱れた食生活が続くと酵素を生産する膵臓の機能が低下して消化酵素が欠乏となり、消化不良、胃もたれ、ガスや膨満感、便秘など様々な消化器官の不調に繋がっていきます。

一般的な利用法としては便秘の緩和や消化器官の補助サプリとして利用されますが、肉類などの重い食事の前に摂取して食後の急な眠気や倦怠感を抑制させる目的で利用する場合もあります。

欧米の自然療法では逆流性食道炎、リーキーガット症候群(腸管壁浸漏症候群)、IBS(過敏性腸症候群)、潰瘍性大腸炎、クローン病など主に消化器系疾患に利用され、近年では特に膵臓癌の進行を阻害する作用に優れているとして注目されています。

日本では腸内環境ばかりが注目されるためプロバイオティクス (乳酸菌)と比較すると消化酵素の愛用者は非常に少ないですが、塩酸(胃酸)不足によるビタミン欠乏症(特にビタミンA、D、E。)となる日本人が近年急増しているため、プロバイオティクスサプリで効果を実感できなかった方は消化酵素サプリを推奨しています。

消化酵素サプリメントの過剰摂取に副作用は鼓腸や下痢など軽度なモノですが、酵素株が体質に適合しないとアトピーや発疹を発症させるケースが報告されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbで消化酵素サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 食欲増進や食欲不振の改善
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上
  • 口臭や歯周病などオーラルケア

欠乏による症状

  • 消化器官の機能低下
  • 便秘や下痢など腸内環境の悪化

ハーブ. スパイス.