タンポポ画像

タンポポの基本的な効能効果

タンポポの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

タンポポの主な働き

  • 肝臓内の毒素除去作用による肝機能の改善
  • 利尿促進作用による老廃物のデトックス
  • 胃と胆汁機能を刺激させ消化器官の健全化
  • 腸内フローラ改善および善玉菌の増加

タンポポはキク科タンポポ属の多年生植物の総称で、何千年もの間、世界中の国々の伝統医学で使用されてきました。

日本でも身近な植物であるタンポポは意外にも栄養素の豊富な植物で、ビタミンA(β-カロテン)、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンD、マグネシウム、鉄、亜鉛、マンガン、リンなど多種多様な栄養素を含んでいます。

タンポポの主成分であるタラキサシンは胃、肝臓、胆汁の機能を刺激して便秘や胃もたれ、食欲不振などの消化機能を健全化することが可能で、体内の毒素や老廃物の排出を促進する利尿薬としても活用することができます。

さらにプロバイオティクスの1種であるイヌリンも含むタンポポは善玉菌の増加および腸内環境の改善効果にも期待することができます。

その他にも優秀な抗炎症・抗酸化化合物を豊富に含むタンポポ貧血、糖尿病、痛風、尿管結石・腎結石、肝硬変、気管支炎、肺炎などの治療に古くから利用されていましたが、人体に有効性があるかの科学的証拠はほとんどありません。

タンポポ過剰摂取による副作用は特に危険視するモノはありませんが、キク科の植物であるマリーゴールド、カモミール、デイジーなどに対してアレルギーがある方はアナフィラキシーショックを引き起こす可能性があります。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでタンポポサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 食欲増進や食欲不振の改善
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • 発疹や湿疹など皮膚疾患の緩和
  • 健康的な骨や歯の形成または促進

ハーブ. スパイス.