ダミアナ画像

ダミアナの基本的な効能効果

ダミアナの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ダミアナの主な働き

  • 生殖器への血流を改善によるED、勃起不全の改善
  • 性ホルモンの活性化による男女の生殖機能の向上
  • 神経系の鎮静作用による精神疾患の緩和

ダミアナは主に中米や南米に生育するトルネラ科の灌木で、現メキシコ国家で古代アステカ文明、マヤ文明時代から鎮静剤や弛緩剤として利用されてきた由緒あるハーブです。

メキシコで『愛の薬』と称されるダミアナは生殖器への血流改善と性ホルモンの活性化作用に優れており、男女の生殖機能向上と精力の増強を可能とすることから、不妊症、EDや勃起不全など男性機能障害、月経前症候群(PMS)、更年期障害、貧血、冷え症の治療に利用されています。

また、ダミアナには性的エネルギーを高めることで気分を前向きにさせる効果があり、さらには神経弛緩剤としてストレスを軽減させる効果も確認されているため、不眠症、うつ病など精神疾患の緩和も可能とします。

その他にも筋肉痛の軽減、便秘の緩和、感染症の予防効果なども持つとされていますが、これらの症状に対しての科学的証拠はほとんどありません。

ダミアナ過剰摂取による副作用として頭痛、吐き気、下痢、低血糖症を発症することがあり、また、胃の酸性度を高める作用もあるため胃酸過多にある方の服用は推奨されていません。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでダミアナサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 冷え症や血行障害の改善
  • 性欲増進効果
  • 男女の性機能の回復
  • 妊活や不妊症対策
  • ストレスや更年期による生理不順の改善
  • ストレスの緩和や耐性力の向上
  • やる気が出る前向きになるなど物事の考え方を肯定的に改善
  • 睡眠の質向上や睡眠の健康化
  • 筋肉疲労や炎症の治癒力向上
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • インフルエンザや風邪の予防

ハーブ. スパイス.