ウコン(クルクミン)画像

ウコン(クルクミン)の基本的な効能効果

ウコンクルクミンターメリック)は天然ハーブの1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ウコン(クルクミン)の主な働き

  • 細胞組織の炎症を抑制
  • 消化器官の補修保護による胃腸機能の向上
  • 血管の拡張および血流の促進
  • 肝臓機能の補助による解毒力の向上
  • 神経伝達物質のスムーズ化による脳の血流を健全化

ウコンニンニクと同様に古来から医療で利用されているハーブであり、日本でもカレーの香辛料や化粧品の着色料として馴染み深い存在です。

非常に強力な抗炎症作用を有するウコンは全ての病の原因である細胞の炎症を抑制することができるため、関節炎や関節痛、胸やけ、食欲不振、胃痛など基本的な症状から気管支炎、肺炎、線維筋痛症、潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群(IBS)など主に消化器系疾患の緩和を可能とします。

特にウコンは特定のがん細胞を死滅させ増殖を抑制する抗がん作用に優れており、乳がんや腸がん、膵臓がん、胃がん、皮膚がんに対して大きな成果を挙げています。

他にも血流促進や神経伝達物質のスムーズ化によるうつ病・アルツハイマー病の緩和、肝臓のデトックス作用の補助など優秀な作用を有しながら副作用もほぼない非の打ち所がないウコンですが(肝臓機能が低下している場合に限り逆に悪化させる可能性もあり。)、吸収率が非常に低い成分なのでその点を理解して利用してください。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでウコン(クルクミン)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 筋肉疲労や炎症の治癒力向上
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • がん疾患や悪性腫瘍対策
  • 発疹や湿疹など皮膚疾患の緩和
  • ストレスの緩和や耐性力の向上
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス

ハーブ. スパイス.