クランベリー画像

クランベリーの基本的な効能効果

クランベリーの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

クランベリーの主な働き

  • 細菌の尿路壁付着阻害作用による尿路感染症の改善
  • メラニン生成抑制作用による美白効果および色素沈着の緩和
  • 腎臓機能向上による足のむくみや貧血の改善
  • 口内細菌の殺菌作用による歯周病の緩和
  • ピロリ菌の活動阻害による慢性胃炎、胃潰瘍、胃癌の予防緩和

クランベリーは主に北アメリカに生育するツツジ科スノキ属の常緑低木で、ビタミンC、ビタミンA、マンガン、食物繊維などを含む健康利益の豊富なスーパーフルーツとして知られます。

クランベリーに多量に含まれるポリフェノールの1種プロアントシアニジンは細菌(特に大腸菌。)が尿道と膀胱の内層に付着するのを阻害する作用に優れており、欧米の代替療法では主に尿路感染症、膀胱炎などの泌尿器疾患の治療に利用されています。

また、クランベリーには口内の細菌を減少させて歯石の形成を防止する作用とヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の活動を阻害する作用が確認されており、歯周病、歯肉炎、慢性胃炎、胃潰瘍、萎縮性胃炎、胃癌などの予防緩和を可能とします。

さらには血液の濾過、老廃物のデトックス、体内の体液量やイオンバランスを調節を行う腎臓機能を高める作用もあるため、足のむくみや貧血の改善、慢性疲労の緩和、血圧の安定化による動脈硬化・心筋梗塞・脳卒中・クモ膜下出血などの発症リスク低下にも期待することができます。

美容面では優秀なメラニン生成抑制作用を持ち、化粧品類の原料として利用されるアルブチンを含むことから、肌を明るくする美白効果、シミ・くすみ・色素沈着の予防緩和を目的とした女性の利用が目立ちます。

クランベリー過剰摂取による副作用として消化器官の刺激作用によって下痢を引き起こす可能性が高く、さらにシュウ酸が豊富に含まれることから腎臓結石を発症させるケースが報告されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでクランベリーサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • 美白効果
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • UV-AやUV-Bなど紫外線による日焼け緩和対策
  • 発疹や湿疹など皮膚疾患の緩和
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 腎臓病の予防や腎臓機能の回復改善
  • 口臭や歯周病などオーラルケア
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 冷え症や血行障害の改善
  • 健康的な骨や歯の形成または促進

ハーブ. スパイス.