コロストラム(初乳)画像

コロストラム(初乳)の基本的な効能効果

コロストラム(初乳)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

コロストラム(初乳)の主な働き

  • 腸管の修復による腸疾患の改善
  • 消化機能の改善による基礎栄養素の吸収率向上
  • 免疫機能の強化による慢性疾患の緩和
  • 癌細胞の活動抑制および死滅効果
  • 新陳代謝促進による肌、毛髪、骨、爪の正常化
  • 治癒力の向上による筋肉の増強、疲労の軽減効果
  • 神経系の修復による記憶力や認知力など脳機能の向上

コロストラム(初乳)は妊娠後期と出産後の最初の数日間に分泌される乳汁で、新生児の免疫力を向上させて健全な発育を促進させる重要な役割を果たしています。

免疫抗体(イムノグロブリン)、成長因子、ラクトフェレン、サイトカイン、インターフェロン、消化酵素、タンパク質(アミノ酸)、ビタミン&ミネラルを豊富に含むコロストラムは、全身のあらゆる疾患を緩和する可能性があるため、欧米で近年最も注目されるスーパーフードとなっています。

腸管の修復と胃腸機能の改善に優れるコロストラムは一般的にリーキーガット症候群、IBS(過敏性腸症候群)、SIBO(腸内細菌異常増殖症候群)、炎症性腸疾患、潰瘍性大腸炎、クローン病の治療に利用されています。

また、コロストラムにはDNAとRNAの修復と免疫機能の強化作用もあり、食物アレルギー、化学物質過敏症、慢性疲労症候群、アルツハイマー病、糖尿病、乾癬、骨粗鬆症などから、自己免疫疾患であるリウマチ性疾患、結合組織疾患、膠原病、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群、多発性硬化症、パーキンソン病を改善する可能性も秘めています。

そしてなによりもコロストラムには非常に強力な抗がん作用があり、膵臓癌、肺癌、胃癌、肝臓癌、大腸癌(結腸癌・直腸癌)、白血病、骨髄腫、脳腫瘍、乳癌、甲状腺癌、子宮頸癌(子宮内膜癌)、前立腺癌など全身の癌疾患に対して有効性が確認されています。

近年では皮膚・毛髪・筋肉組織の再生促進作用に優れるコロストラムを、ボディービルダーやアスリートが筋肉の増強、脂肪の燃焼効果の向上、筋肉疲労の軽減を目的に利用することが多くなっています。

その他にもコラーゲン生成促進作用による美肌・育毛発毛の促進、神経系の修復による精神疾患の緩和なども期待することができます。

コロストラム(初乳)過剰摂取による副作用は確認されていませんが、乳製品にアレルギーをお持ちの方の服用は推奨されていません。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでコロストラム(初乳)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の緩和
  • 発疹や湿疹など皮膚疾患の緩和
  • インフルエンザや風邪の予防
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 口臭や歯周病などオーラルケア
  • 疲労回復効果の促進
  • 運動パフォーマンスの向上
  • 筋肉の増強や成長率アップ
  • 筋肉疲労や炎症の治癒力向上
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 健康的な骨や歯の形成または促進
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化
  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上
  • やる気が出る前向きになるなど物事の考え方を肯定的に改善
  • 自律神経の乱れを改善

ハーブ. スパイス.