コラーゲン画像

コラーゲンの基本的な効能効果

コラーゲンタンパク質の1種で体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

コラーゲンの主な働き

  • 皮膚(真皮)、腱、靭帯の形成
  • 結合組織軟骨の構築
  • 心臓内の血管組織の形成
  • 消化器官や呼吸器の細胞組織生成

コラーゲングリシン、プロリン、グルタミン、アルギニンなど多種多様なアミノ酸から構成されているタンパク質の1種で皮膚(真皮)、髪、靱帯、腱、軟骨など全身の細胞を構成する上で不可欠な存在です。

人体の全タンパク質の約30%を占めるコラーゲンには様々な形態がありますが、一般的に栄養補助食品ではコラーゲンの主な主成分である三種類のタイプが使用され、I型コラーゲン皮膚、髪、爪、臓器、II型コラーゲン軟骨および関節、Ⅲ型コラーゲン皮膚および心臓内の血管組織の構築に有効なタイプとなっています。

日本では皮膚に弾力性を与え水分補給保持に優れたI型コラーゲンおよびIII型コラーゲンを、しわ・たるみの改善やアンチエイジング、老化予防、若返り効果を期待して女性が摂取することが一般的となっていますが、運動パフォーマンス向上や筋肉構築に不可欠なクレアチンの合成を促進する作用を有するため、欧米では高負荷なトレーニングを行うアスリートの愛用者も多くみられます。

その他にも胃腸など消化器官や呼吸器の細胞組織の構築にも利用されることから、炎症性腸疾患、潰瘍性大腸炎、クローン病など胃腸疾患の緩和にも期待できます。

ただ、コラーゲンビタミンCマンガンなどを中心に様々な基礎栄養素を利用しなければ皮膚や髪などの細胞を構築できないため、必ずビタミン&ミネラルを豊富に含む食品と一緒に摂取するように心掛けてください。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでコラーゲンサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • UV-AやUV-Bなど紫外線による日焼け緩和対策
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化
  • 運動パフォーマンスの向上
  • 筋肉の増強や成長率アップ

ハーブ. スパイス.