タラ肝油画像

タラ肝油の基本的な効能効果

タラ肝油の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

タラ肝油の主な働き

  • 中性脂肪、LDLコレステロール低下作用による心血管疾患の予防緩和
  • 脳内の血液循環改善による記憶力など脳機能の向上
  • 白血球活性化による免疫力、抗がん作用の向上
  • ビタミン&ミネラルなど基礎栄養素の吸収率増加
  • 抗炎症作用による関節炎の軽減

タラ肝油は主に北極海に生育するタラの肝臓から抽出した脂肪分で、オメガ3脂肪酸、EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)、ビタミンA、ビタミンDを多量に含んでいます。

基本的にタラ肝油は代替療法で利用されることはなく、オメガ3(EPA、DHA)、ビタミンA、ビタミンD3を豊富に含む健康補助食品として認知されています。

中性脂肪(トリグリセリド)の低下とHDLコレステロール(善玉)の増加作用に優れるタラ肝油は、主に高血圧、糖尿病の緩和目的で利用されています。

また、血管プラークの蓄積抑制と心拍の調整作用も確認されており、心筋梗塞、狭心症、脳卒中、動脈硬化など心血管疾患の予防緩和を可能とします。

その他にも血液循環の改善による記憶力・認知力の向上、ビタミン&ミネラルの吸収率増加、脳内のフリーラジカル中和作用によるうつ病などの精神疾患の緩和、免疫機能および癌細胞の増殖抑制力の強化、抗炎症作用による関節痛の軽減と関節リウマチの緩和なども期待することができます。

タラ肝油過剰摂取による副作用として吐き気、口臭、下痢などがあり、可能性は限りなく低いですが、甲状腺癌の発症リスクを高める危険性が示唆されています。

オメガ3(EPA、DHA)をサプリメントで摂取する場合はフィッシュオイルが一般的となっていますが、タラ肝油はノルウェーおよび北極海に生息するタラ由来の製品がほとんどを占めるため、重金属などの汚染物質による潜在的リスクが低い利点が存在します。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでタラ肝油サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 冷え症や血行障害の改善
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の緩和
  • インフルエンザや風邪の予防
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • 発疹や湿疹など皮膚疾患の緩和
  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上

ハーブ. スパイス.