CLA(共役リノール酸)画像

CLA(共役リノール酸)の基本的な効能効果

CLA(共役リノール酸)は必須脂肪酸の1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

CLA(共役リノール酸)の主な働き

  • リポタンパク質リパーゼの阻害作用による脂肪蓄積抑制
  • 血中コレステロールおよび血糖値の低下
  • 抗炎症作用による免疫力の向上およびアレルギー症状の緩和

CLA(共役リノール酸)は植物性油に含まれるオメガ6脂肪酸の1種リノール酸の異性体で、現在世界で最も普及しているダイエット・減量補助食品の1つです。

まず、CLA(共役リノール酸)中性脂肪が細胞に蓄積する原因となるリポタンパク質リパーゼの活動を阻害する作用に優れており、食事制限をせずとも体脂肪および体重を減少させることが可能で、特に腹部の脂肪を減少させる作用に優れているため目に見えて効果を実感することができます。

脂肪燃焼促進作用だけでなく血中コレステロールおよび血糖値の低下作用を併せ持っているため、心筋梗塞や脳卒中など心血管疾患、動脈硬化の予防にも期待することができ、抗炎症作用も有することから免疫力の向上および花粉症や食品など様々なアレルギー症状の緩和が可能で、さらには乳がん、肺がん、胃がん、腎臓がん、大腸がん(結腸がん・直腸がん)など特定部位への抗がん作用も確認されています。

ただ、CLA(共役リノール酸)を過剰摂取すると人によってはインスリン抵抗性が高くなり、その結果として糖代謝のほか脂質代謝を悪化させ糖尿病、動脈硬化、がん疾患などの生活習慣病を促進する危険性が懸念されています。

高濃度のCLA(共役リノール酸)を服用した場合にのみ発生する副作用だと考えられていますが、糖尿病、動脈硬化、心筋梗塞や脳卒中などの疾患(特に2型糖尿病。)が近親者に見られた場合は他のダイエット・減量補助食品に変更してください

ちなみに、CLAサプリメントを選択する際は減量効果の高いトナリン(Tonalin)が一般的でしたが、現在は他のメーカーの品質も良くなっているためトナリン(Tonalin)に固執する必要性はありません。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでCLA(共役リノール酸)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の緩和
  • 発疹や湿疹など皮膚疾患の緩和

ハーブ. スパイス.