クロム画像

クロムの基本的な効能効果

クロムミネラルの1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

クロムの主な働き

  • インスリンの働きを補助し血糖値や血圧・コレステロール値を低下
  • 炭水化物(糖質)や脂質、タンパク質の代謝を促進

クロムは膵臓から分泌される体内ホルモンの1種であるインスリンを活性化させる作用を有しています。

インスリンは血糖をとり込んでエネルギーへと変換する基本的な働きから、骨格筋におけるアミノ酸カリウムの吸収促進、タンパク質グリコーゲンの合成促進など細胞の生成にも関わる重要な役割を担っており、欠乏すると血糖値や血圧、コレステロール値が上昇するだけでなく低血糖にも悩まされ、糖尿病や動脈硬化など様々な生活習慣病を引き起こしています。

体内に必要なクロムは微量で一般的に不足することのないミネラルとされ、血糖値やコレステロール値に問題を抱える糖尿病予備軍の中年男性以外には見向きもされない成分でしたが、脂質過多な食生活やクロム自体が食品から減少していることも重なり現代人が不足しがちなミネラルの一つとなっています。

インスリン糖代謝を作用を利用したダイエット効果や筋肉増強目的で摂取する方が時折見られますが、実際のところ脂肪燃焼効果はあまり期待できません。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでクロムサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上

欠乏による症状

  • 糖質が蓄積することによる肥満
  • 心血管疾患や動脈硬化などのリスク上昇
  • ニキビやシミなどの肌荒れ
  • 発疹や湿疹、アトピーなど皮膚炎の悪化
  • 成長障害

ハーブ. スパイス.