コンドロイチン画像

コンドロイチンの基本的な効能効果

コンドロイチンの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

コンドロイチンの主な働き

  • 軟骨の生成促進による関節痛の軽減
  • コラーゲン生成促進作用による肌質の改善
  • 関節組織のスムーズ化による運動パフォーマンスの向上

コンドロイチンは軟骨や皮膚などの結合組織の構築に不可欠なムコ多糖類です。

細胞の結合組織に弾力性を与えるクッションとしての役割を持つコンドロイチンは、軟骨の生成を促進することで関節の柔軟性を高めることができます。

欧米の代替療法では関節リウマチ、変形性関節症、骨粗鬆症の治療に利用することが一般的となっています。

コンドロイチンには皮膚の水分量の増加とコラーゲン生成作用があり、アンチエイジングや老化予防、しわ・たるみ・乾燥肌の改善などの美容効果も期待することができます。

また、結合組織のスムーズ化を可能とすることから、欧米ではボディービルダーやアスリートが関節の保護、筋肉疲労の軽減、筋肉痛の緩和目的で利用する場合もあります。

コンドロイチン過剰摂取による副作用として吐き気、下痢、便秘、脱毛、高血圧、不整脈などが確認されています。

なお、グルコサミン、MSM(メチルスルホニルメタン)、コラーゲン、ヒアルロン酸との併用が一般的となっていますが、科学的に相乗効果が確認されているわけではありません。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでコンドロイチンサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 軟骨の生成や関節痛の軽減
  • 筋肉疲労や炎症の治癒力向上
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果

ハーブ. スパイス.

アミノ糖. ムコ多糖.