コリン(アセチルコリン)画像

コリン(アセチルコリン)の基本的な効能効果

コリンアルファGPCCDPコリンクエン酸コリン)は神経伝達物質アセチルコリンの前駆体およびビタミン様物質の1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

コリン(アセチルコリン)の主な働き

  • 脳細胞および細胞膜の修復生成
  • 神経伝達物質の産出による脳機能の向上
  • 運動神経伝達物質の適正化による運動パフォーマンスの向上
  • 脂肪肝の排出促進による肝臓機能の向上および肝疾患の予防

コリンビタミンB群と関連性の深い水溶性のビタミン様物質で、副交感神経および運動神経の末端で働く神経伝達物質アセチルコリンの生成に不可欠な成分です。

脳神経や神経組織の生成作用を有しているコリン頭の回転を速くすることが可能で、長期的および短期的な記憶力、集中力、創造性、認知能力、学習能力など脳全般の機能を大幅に高めることができます。

さらに非常に優れた細胞膜の修復作用を有するコリンアルツハイマー病などの認知症やパーキンソン病の緩和に大きな成果を挙げており、神経伝達物質のスムーズ化作用も併せ持っているため自然な形で執筆や読書のような作業効率を高めることができ、それによりADHD (注意欠陥・多動性障害)など発達障害や統合失調症、学習障害の大幅な緩和を可能とします。

その他にも運動神経の神経終末における伝達物質としての機能も有するコリン運動パフォーマンスの向上や疲労を軽減できるためボディビルダーなどのアスリートには不可欠な成分であり、神経終末の健全化にも関連することから慢性疲労症候群や線維筋痛症の症状緩和も期待することができます。

サプリメントでは一般的にα-GPC(アルファGPC)CDP-コリンの2種類の異性体が利用され、特にα-GPC形態が最も利用効率が高いとされていましたが、近年ではコリンクエン酸の誘導体からなる副作用リスクの最も低いクエン酸コリンが注目されています。

コリンは単体でも非常に強力な脳機能の改善作用を有していますが、効果が見られない場合はホスファチジルセリンパントテン酸(ビタミンB5)との併用が推奨されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでコリン(アセチルコリン)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 集中力や記憶力を高めるなど脳機能の向上
  • やる気が出る前向きになるなど物事の考え方を肯定的に改善
  • 睡眠の質向上や睡眠の健康化
  • 運動パフォーマンスの向上
  • 疲労回復効果の促進
  • 筋肉疲労や炎症の治癒力向上
  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善

欠乏による症状

  • 慢性的な疲労感や倦怠感
  • 記憶力や集中力など脳機能の低下
  • やる気が出ない物事の考え方が否定的になるなど精神の不安定化
  • 治癒力の低下

ハーブ. スパイス.