クロレラ画像

クロレラの基本的な効能効果

クロレラの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

クロレラの主な働き

  • 重金属の中和および血液の浄化
  • 抗酸化物質の活性化作用によるアンチエイジング効果
  • NK細胞(ナチュラルキラー細胞)の活性化による免疫力の向上
  • 腸内環境の改善および善玉菌の増殖促進

クロレラは20億年前から存在していた単一細胞の淡水性藻類で、ビタミンC、ビタミンB群、鉄、マグネシウム、ヨウ素などのビタミンミネラル、タンパク質、アミノ酸、クロロフィル、オメガ3脂肪酸、β-カロテン、イノシトール、核酸など多種多様な栄養素を含むスーパーフードとして知られます。

体内に蓄積した鉛、カドミウム、水銀、ウラニウムなど重金属の解毒作用に優れるクロレラは血液循環の改善と新陳代謝を促進することで、体脂肪率および総コレステロールの低下を促すことができます。

そして何よりもRNA、DNA、ビタミンC、ビタミンE、グルタチオンの活性化作用を持つことから、肌の若返りやアンチエイジングなどの美容効果を求めて欧米女性の定番サプリの一つとなっています。

代替療法では体内の有益な生存細菌の増殖促進と腸機能の改善作用を持つクロレラを、アレルギー症状、便秘、潰瘍性大腸炎、IBS(過敏性腸症候群)、クローン病の治療に利用することがあります。

その他にもNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の活性化作用による免疫力の向上、クロロフィルによる口臭・体臭の軽減、化学療法または放射線療法による癌治療の副作用軽減効果も確認されています。

ただ、細胞壁が強固なため同じ藻類のスピルリナと比較して消化吸収率が格段に低いという欠点が存在しますが、重金属に汚染されにくい性質のためアレルギー症状の発症リスクが低いと考えられています。

クロレラ過剰摂取による副作用として腎機能の悪化や甲状腺のホルモンバランスが乱れる可能性があり、さらにNK細胞の活性化作用による副作用として全身性エリテマトーデス、関節リウマチなどの自己免疫疾患を悪化させる危険性が示唆されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでクロレラサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の緩和
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 口臭や歯周病などオーラルケア
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持

ハーブ. スパイス.