チアシード画像

チアシードの基本的な効能効果

チアシードの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

チアシードの主な働き

  • 豊富な栄養素供給による身体機能の向上
  • 小腸のグルコース吸収抑制による肥満の防止
  • 血糖値、血圧、コレステロール調整による生活習慣病の予防緩和
  • 胃腸の消化機能の改善による便秘、下痢の緩和
  • 骨や歯の形成促進による骨密度の強化

チアはメキシコ、グアテマラ原産のシソ科アキギリ属の一年草植物です。

一般的にチアシードは代替療法で利用されることはありませんが、栄養素の豊富なスーパーフードとして健康意識の高い欧米人の主食の1つとなっています。

ビタミン&ミネラル、オメガ3脂肪酸、タンパク質、食物繊維を豊富に含むチアシードは、疲労の回復力、運動パフォーマンス、筋肉組織の修復力、筋肉量の増強率を高める目的でボディービルダーやアスリートの利用が多くみられます。

グルコース(糖質)の小腸吸収の抑制と高食物繊維による満腹感の持続作用を持つチアシードは、脂肪蓄積を抑制して減量をサポートするだけでなく、血糖値・血圧・コレステロール値を安定させて糖尿病、高血圧、メタボリック・シンドロームなどの生活習慣病を緩和することができます。

また、チアシードには乳児の健全な脳の発達に不可欠なオメガ3脂肪酸が含まれるため、オメガ3脂肪酸の主な供給源である魚介類の水銀汚染を避けたい妊娠中の女性の食事に取り入れられています。

その他にもアンチエイジングや老化予防、胃腸の消化機能の改善、癌細胞の増殖の抑制、歯石・プラークの蓄積防止、骨密度の強化などを期待することができます。

チアシード過剰摂取による副作用として下痢、吐き気、アレルギー反応を発症させる場合がありますが、どれも可能性は低く、現段階では特に危険視する副作用は確認されていません。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでチアシードサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 疲労回復効果の促進
  • 運動パフォーマンスの向上
  • 筋肉の増強や成長率アップ
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 食欲を抑えるなど食欲の軽減効果
  • 妊娠中の胎児および乳児の正常な発育の促進
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 健康的な骨や歯の形成または促進
  • 口臭や歯周病などオーラルケア

ハーブ. スパイス.