チャンカピエドラ(フィランサスニルリ)画像

チャンカピエドラ(フィランサスニルリ)の基本的な効能効果

チャンカピエドラ(フィランサスニルリ)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

チャンカピエドラの主な働き

  • 結石の分解作用による腎臓結石の緩和
  • 腎臓細胞の炎症抑制作用による腎臓機能の向上
  • 肝臓の解毒酵素の活性化によるデトックス
  • 胆汁の分泌促進作用による消化機能の向上
  • 抗菌性、抗炎症作用による感染症の予防緩和

チャンカピエドラ(フィランサスニルリ)はアマゾンなどの熱帯地域に生育するトウダイグサ科の一年草植物で、何千年にもわたって先住民達が感染症、呼吸器・消化器など様々な疾患の治療に利用していました。

スペイン語であるチャンカピエドラを直訳すると『石砕き(ストーンブレーカー)』を意味します。

チャンカピエドラには尿中のカルシウム濃度を低下、胆汁の分泌促進、シュウ酸カルシウム結晶の形成阻害、膀胱の排尿筋(平滑筋)を弛緩させる作用があり、そのことから欧米では腎臓結石、胆石の治療に利用することが一般的となっています。

また、チャンカピエドラには腎臓細胞の炎症抑制、肝臓の解毒酵素の活性化、肝臓による胆汁の分泌促進作用も確認されており、消化不良の改善、食欲の増加、脂肪肝などの肝疾患や腎臓疾患の緩和、そして急性B型肝炎に有効である可能性が示唆されています。

さらに腎臓・肝臓機能の強化に加え、抗菌性・抗炎症作用を有するため、ヘルペス、梅毒、淋病、マラリアなどの感染症、気管支炎、喘息、痛風の緩和にも期待することができます。

チャンカピエドラ過剰摂取による副作用として下痢、吐き気、頭痛などを発症させることがあり、また、血糖値を低下させる可能性があるため、糖尿病・低血糖患者の利用は注意が必要です。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでチャンカピエドラ(フィランサスニルリ)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 腎臓病の予防や腎臓機能の回復改善
  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 食欲増進や食欲不振の改善
  • インフルエンザや風邪の予防

ハーブ. スパイス.