カモミール画像

カモミールの基本的な効能効果

カモミールの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

カモミールの主な働き

  • リラクゼーション効果によるうつ病や不眠症の緩和
  • 消化器官の補助作用による胃腸機能の改善
  • 腫瘍に関連する酵素の働きを阻害する作用による抗ガン作用

カモミールは東ヨーロッパ固有のキク科一年草植物です。

他のハーブと比較してビタミン&ミネラルなどの栄養成分が少ないカモミールですが、薬理学的効果に優れた天然化合物を豊富に含むことから、ヨーロッパでは1,000年以上にもわたってあらゆる疾病の治療用ハーブとして利用されてきました。

カモミールの持つリンゴの果実に似た香りは神経系を落ち着かせて緊張感を解消し、慢性的な不安やストレス症状を効果的に和らげることができるため、欧米の代替療法ではうつ病、不眠症、片頭痛の治療に利用することが一般的です。

また、カモミールには優れた抗炎症作用があり、胃の消化機能をサポートするだけでなく腸の痙攣を抑制を可能とすることから、口内炎、気管支炎、消化不良、食欲不振、胃食道逆流症(GERD)、便秘、下痢、過敏性腸症候群(IBS)、クローン病など様々な胃腸障害の治療にも利用されています。

さらに有機化合物アピゲニンを多量に含むことで知られるカモミールは癌細胞の転移および増殖抑制効果に優れており、特に乳癌、皮膚癌、膀胱癌、前立腺癌、卵巣癌の増殖抑制に期待できると考えられています。

その他にもカモミールには肌質や髪質の改善、免疫システムの強化、血糖値の低下などの効果が確認されています。

カモミール過剰摂取による副作用は下痢や吐き気などで特に危険視する症状はありませんが、キク科の植物であるマリーゴールドやブタクサ、デイジーなどに対してアレルギーがある方の服用は推奨されていません。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでカモミールサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 睡眠の質向上や睡眠の健康化
  • ストレスの緩和や耐性力の向上
  • 自律神経の乱れを改善
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 口臭や歯周病などオーラルケア
  • 食欲増進や食欲不振の改善
  • 発疹や湿疹など皮膚疾患の緩和
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持

ハーブ. スパイス.