カイエンペッパー画像

カイエンペッパーの基本的な効能効果

カイエンペッパーの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

カイエンペッパーの主な働き

  • 痛みの軽減作用による関節炎および神経障害の緩和
  • 体温を上げて新陳代謝を高める作用による身体機能の向上
  • 唾液と消化液の生産補助による消化機能の向上
  • 免疫機能向上による感染症の予防

カイエンペッパーはナス科トウガラシ属の多年草植物トウガラシ(唐辛子)の実を乾燥させた香辛料で、何千年にもわたって伝統的に風邪、消化不良、下痢などの治療に利用していました。

トウガラシに豊富に含まれるカプサイシンには痛みを緩和する性質があり、外用薬として塗布することで皮膚に起因する関節炎、腰痛、変形性関節症、関節リウマチ、乾癬、帯状疱疹、線維筋痛症を改善することができます。

また、カプサイシンには急速に体温を上げて新陳代謝を高めたり血管を拡張して血流を改善する作用があり、その相乗効果により免疫機能、発汗作用、脂肪燃焼能力、育毛発毛など毛髪の成長、毒素の排出機能、性的機能の向上を可能とします。

主に料理のスパイスとして利用されるカイエンペッパーは唾液と消化液の生産を増加させる作用に優れており、消化機能全般を補助することで胃の不調、下痢、便秘、鼓脹(腸内ガス)、胃潰瘍、過敏性腸症候群(IBS)を緩和することができます。

さらに優秀な抗酸化物質ビタミンA、ビタミンEの供給源でもあるカイエンペッパーは、健康的な皮膚細胞の生成、アンチエイジング効果、バランスホルモンの安定化、臓器機能の改善、アレルギー症状の緩和、悪性腫瘍の発症リスク軽減など様々な効果を期待することができます。

カイエンペッパー過剰摂取による副作用として皮膚の炎症、胃腸炎、下痢などが発症することがあり、長期間にわたり大量摂取を続けると肝臓や腎臓を損傷させて深刻な副作用を引き起こす危険性があります。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでカイエンペッパーサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 冷え症や血行障害の改善
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 発疹や湿疹など皮膚疾患の緩和
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の緩和
  • 性欲増進効果
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 口臭や歯周病などオーラルケア
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス

ハーブ. スパイス.