カリフラワー画像

カリフラワーの基本的な効能効果

カリフラワーの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

カリフラワーの主な働き

  • 植物性化合物群による癌細胞の死滅および増殖の抑制
  • アセチルコリン生成促進作用による脳機能の向上
  • 体内に蓄積した化学物質や重金属のデトックス
  • 血管内の脂質蓄積抑制作用による血液循環の改善
  • 肝臓、腎臓機能補助によるグルタチオンの活性化
  • 抗炎症作用による花粉症などのアレルギー症状の緩和

カリフラワーは地中海沿岸を原産とするアブラナ科アブラナ属の野菜および一年生植物です。

多種多様なビタミン&ミネラル、植物化合物、抗酸化物質を含むカリフラワーは、あらゆる疾患の予防緩和を可能とする完全栄養食品の1つとして知られます。

まず、スルフォラファン、インドール-3-カルビノール、イソチオシアネートという3種の強力な抗がん作用を持つ化合物が含まれるカリフラワーには、肺癌、膵臓癌、食道癌、胃癌、大腸癌(結腸癌・直腸癌)、乳癌、卵巣癌、膀胱癌、前立腺癌など多種多様な癌細胞に対して有効性が確認されています。

また、カリフラワーには神経伝達物質アセチルコリンの生成に不可欠なコリンが含まれるため、記憶力、認知能力、学習能力など脳機能を向上は勿論、アルツハイマー病、認知症、不眠症、ADHD (注意欠陥・多動性障害)など発達障害、統合失調症、自閉症、学習障害の緩和にも期待することができます。

さらにカリフラワーに含まれる硫黄化合物グルコシノレートには有毒物質を中和に関連する酵素の活性化作用があり、体内に蓄積した化学物質、農薬、重金属などを取り除くことができます。

その他にも血管内の脂質の蓄積抑制作用による心血管疾患の予防緩和、肝臓・腎臓機能の強化による体内グルタチオンレベルの上昇、呼吸器の炎症抑制による花粉症・アレルギー性鼻炎・喘息の緩和、ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)の殺菌作用による胃腸疾患の発症リスク低下などにも期待できます。

カリフラワー過剰摂取による副作用として頭痛、吐き気、便秘、鼓腸(腸ガス)などから、アレルギー反応、痛風、腎臓結石を発症させる可能性が示唆されています。

また、カリフラワーのようなアブラナ科野菜はヨウ素の吸収を阻害する可能性があるため、甲状腺機能低下症患者のサプリメントでの摂取は推奨されていません。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでカリフラワーサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の緩和
  • 冷え症や血行障害の改善
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上
  • 睡眠の質向上や睡眠の健康化
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス
  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善
  • 腎臓病の予防や腎臓機能の回復改善

ハーブ. スパイス.