ニンジン画像

ニンジンの基本的な効能効果

ニンジンの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ニンジンの主な働き

  • フリーラジカルの中和作用による慢性疾患の緩和
  • 皮膚粘膜の炎症抑制作用による皮膚疾患の緩和
  • 網膜の保護作用による眼疾患の緩和
  • 脳の酸化ストレス軽減による認知機能の改善
  • コレステロール値、インスリンの抵抗性改善による糖尿病の緩和
  • 胆汁分泌促進作用による脂肪蓄積の抑制

ニンジンはアフガニスタン原産のセリ科ニンジン属の二年草植物です。

ニンジンは体内でビタミンAに変換されるカロテノイドの1種であるβ-カロテン(ベータカロテン)の供給源として知られています。

細胞損傷の原因となるフリーラジカルの中和作用を持つβ-カロテンは、あらゆる疾患を予防緩和することが可能で、緑黄色野菜の中でも強力なDNAの損傷軽減作用を持つことから癌細胞の増殖抑制、死滅効果に優れていると考えられています(特に結腸癌、乳癌、白血病、肺癌。)。

また、ニンジンには優秀な脳の酸化ストレス軽減作用があり、記憶力や認知力の改善、アルツハイマー病、認知症を予防緩和にも期待することができます。

そしてニンジンはインスリンの抵抗性改善、肝臓の解毒機能の向上、コレステロール値の低下作用に優れることから、欧米では糖尿病患者の食事療法に取り入れることが多くなっています。

その他にも胆汁の分泌増加作用による脂肪蓄積の抑制、皮膚の炎症軽減作用による皮膚疾患の緩和、血圧の調整作用による心血管疾患の予防、ロドプシン生成促進による眼疾患の緩和などが確認されています。

ニンジン過剰摂取による副作用としてアレルギー反応、低血糖、皮膚の変色などを引き起こす可能性がありますが、アレルギー反応以外は特に危険視する必要性はないと考えられています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでニンジンサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 発疹や湿疹など皮膚疾患の緩和
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • UV-AやUV-Bなど紫外線による日焼け緩和対策
  • 視力低下や目の疲れ(疲れ目)など眼球の補修保護
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス

ハーブ. スパイス.