ゴボウ画像

ゴボウの基本的な効能効果

ゴボウの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ゴボウの主な働き

  • 血液内の重金属解毒による皮膚疾患の改善
  • 抗酸化物質による慢性疾患の予防緩和
  • 癌細胞の活動抑制および死滅作用
  • 血糖値、コレステロール調整による糖尿病の改善

ゴボウは主に北アジアやヨーロッパに生育するキク科の多年草植物で、古代ギリシャ時代から民間療法で様々な疾患の治療に利用されていました。

ゴボウの根は血液の洗浄、特に血液内の重金属の解毒作用に優れており、ニキビ、乾癬、関節炎、扁桃炎、痛風など多種多様な疾患に対して有効性が確認されています。

また、ケルセチン、ルテオリン、フェノール酸など強力な抗酸化物質を豊富に含むゴボウは抗がん作用に優れた野菜としても有名で、特に肺癌、肝臓癌、膵臓癌、大腸癌、乳癌に有効だと考えられています。

さらにゴボウにはコレステロール吸収の妨害と血糖値上昇の抑制作用を持つイヌリンが含まれるため、糖尿病患者の食事療法に取り入れることもあります。

その他にも利尿作用による尿路感染症・腎臓結石の改善、スタミナや性機能の増強、消化機能補助による腸内環境の改善作用などが確認されています。

ゴボウ過剰摂取による副作用は特にありませんが、キク科の植物であるマリーゴールド、ブタクサ、カモミール、デイジーに対してアレルギーがある方は注意が必要となります。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでゴボウサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス
  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • 発疹や湿疹など皮膚疾患の緩和
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 冷え症や血行障害の改善
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 性欲増進効果
  • 運動パフォーマンスの向上

ハーブ. スパイス.