ブロッコリー画像

ブロッコリーの基本的な効能効果

ブロッコリーの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ブロッコリーの主な働き

  • 異常細胞の正常化による癌細胞の死滅
  • 農薬、化学物質、重金属などの解毒
  • ニューロン補修保護作用による認知機能の改善
  • AGEs(終末糖化産物)の生成阻害作用による生活習慣病の予防緩和
  • 体内抗酸化作用の活性化によるアンチエイジング効果
  • 肝機能の強化およびグルタチオンの活性化
  • 頭皮、毛髪の健全化による脱毛や抜け毛の緩和
  • 抗炎症作用によるアレルギー症状の緩和
  • 放射性物質によるDNA損傷の軽減
  • 血圧、血糖値、LDLコレステロールの低下
  • ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)の活動抑制

ブロッコリーは古代ローマ時代から地中海沿岸で生育していたアブラナ科アブラナ属の野菜および一年生植物で、中世ヨーロッパでは下級庶民の食糧、20世紀前半には米国で最高の健康食品として一大ブームとなりました。

ブロッコリービタミンC・ビタミンE・ビタミンK・ビタミンB6・ビタミンB1・マグネシウム・リン・鉄・亜鉛・セレンなどのビタミン&ミネラルオメガ3脂肪酸、スルフォラファン、インドール-3-カルビノール、ケルセチン、β-カロテン、ゼアキサンチンなどを含むスーパーフードの中でも最上位クラスに位置付けられる野菜です。

スルフォラファン、インドール-3-カルビノールを含むブロッコリーは、癌細胞のアポトーシス誘導(癌細胞の自然消滅。)、DNAメチル化(異常細胞の正常化。)を可能とするため、あらゆる癌疾患に対して有効性が確認されています。

また、ブロッコリーに含まれるケルセチンには抗炎症・抗アレルギー作用があり、食物アレルギー、花粉症、喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの緩和にも期待することができます。

さらにブロッコリーには亜鉛、シリカ、硫黄化合物、オメガ3脂肪酸、オメガ9脂肪酸、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB5、ビタミンB12など頭皮や毛髪の健康に関連する栄養素が豊富に含まれることから、数多い野菜の中でも脱毛・抜け毛の緩和、育毛発毛効果に優れていると考えられています。

その他にも体内抗酸化作用の向上によるアンチエイジング・若返り効果、有毒物質の中和酵素の活性化作用による農薬・化学物質・重金属を解毒、AGEs(終末糖化産物)の生成阻害作用による生活習慣病の予防緩和、神経細胞(ニューロン)の補修作用によるアルツハイマー病・パーキンソン病・線維筋痛症・統合失調症・自閉症・ADHD (注意欠陥・多動性障害)など発達障害の緩和、細胞内のグルタチオン活性化による肝機能の向上、放射性物質によるDNA損傷の軽減、悪玉コレステロールの低下作用による心血管疾患・糖尿病の緩和、ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)の殺菌作用による胃疾患の予防緩和、カロテノイドによる眼疾患の予防緩和などが確認されています。

ブロッコリーは非常に栄養価の高い野菜ですが、その分過剰摂取による副作用も多く存在します。

多量な抗酸化物質摂取による癌リスクの増大、イソチオシアネートのヨウ素吸収阻害作用による甲状腺機能低下症の悪化、アブラナ科野菜による呼吸困難・頭痛・皮膚発疹などのアレルギー反応、血糖値低下作用による低血糖症・低血圧の発症リスク増大などがあります。

また、ブロッコリーは農薬使用量および残留農薬量が多い野菜なため、スーパーで販売している一般的なブロッコリーでは上記のような健康利益はあまり望めないと考えられています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでブロッコリーサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の緩和
  • 肝臓病の予防や肝臓機能の回復改善
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス
  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 自律神経の乱れを改善
  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • 視力低下や目の疲れ(疲れ目)など眼球の補修保護

ハーブ. スパイス.