ホウ素(ボロン)画像

ホウ素(ボロン)の基本的な効能効果

ホウ素(ボロン)ミネラルの1種で、体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ホウ素(ボロン)の主な働き

  • カルシウムを代謝し骨の形成をサポート
  • カルシウムやマグネシウム、リンの吸収向上および排出抑制
  • 女性ホルモンであるエストロゲンの分泌促進
  • 男性ホルモンであるテストステロンの分泌促進
  • 脳や神経系の健常化による集中力や記憶力の向上
  • がん細胞の増殖抑制(抗がん作用)

ボロンは健康な骨の構築に不可欠でありカルシウムの骨形成を促進するだけでなく、マグネシウムリン、さらにはビタミンDの吸収率を高め活性化させる補助的作用に優れたミネラルです。

女性の性機能とは切っても切れない関係にあるボロンは、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促進させ卵巣の機能を高める作用を有し、生理痛や生理不順の改善、妊活や不妊症対策、閉経後の更年期障害や骨粗鬆症を改善するだけでなく、乳がんや悪性葉状腫瘍などの乳腺疾患、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、子宮筋腫、膣カンジタなど子宮卵巣に関連する疾患や女性特有の病を緩和抑制することを可能とします。

エストロゲンの活発化は女性らしい丸みのある立体的なカラダへと自然に近づけるため、日本ではバストアップ効果を期待して大豆イソフラボンとともに摂取することが一般的となっていますが、ボロンは女性だけでなく男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促進させる作用も有しており、精巣(睾丸)機能の向上や前立腺がん発症リスクの低減は勿論のこと、トレーニング後の筋肉組織の修復や回復力を高めるだけでなく筋肉量を増やす効果も期待でき、アメリカでは副作用のほぼない筋肉増強剤としてボディビルダーやアスリートの定番サプリとなっています。

欧米では骨粗鬆症や関節リウマチ、尿路結石(カルシウムの働きを補助することにより腎臓疾患の緩和を可能とする。)抗ガン剤としても自然療法で取り入れられており、その他にも記憶力や集中力など脳機能を高め不眠症の改善作用も期待できる非常に万能なミネラルとして認知されています。

ただ、ボロンビタミンB2(リボフラビン)排泄を促進する作用も確認されており、リボフラビン欠乏によるニキビなどの肌荒れが懸念されることからボロンサプリで過剰に摂取する場合はビタミンB2の補給も必須となります。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでホウ素サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 健康的な骨や歯の形成または促進
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • 妊活や不妊症対策
  • ストレスや更年期による生理不順の改善
  • 男女の性機能の回復
  • 性欲増進効果
  • 疲労回復効果の促進
  • 筋肉の増強や成長率アップ
  • 筋肉疲労や炎症の治癒力向上
  • 腎臓病の予防や腎臓機能の回復改善
  • 集中力や記憶力を高めるなど脳機能の向上
  • 睡眠の質向上や睡眠の健康化

欠乏による症状

  • 老化現象の加速
  • 生理不順や生理痛の悪化
  • 女性の生殖機能低下や不妊症
  • ED(勃起不全)など男性機能の低下
  • 記憶力や集中力など脳機能の低下
  • 腎臓機能の低下
  • 成長障害

ハーブ. スパイス.