ブルーベリー画像

ブルーベリーの基本的な効能効果

ブルーベリーの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ブルーベリーの主な働き

  • フリーラジカル中和作用による慢性疾患の予防
  • 抗酸化作用によるアンチエイジングおよび若返り効果
  • 神経細胞の補修保護作用による認知機能の改善
  • 血圧および総コレステロール値の安定化
  • 食欲の抑制および消化機能の補助
  • 抗炎症作用による運動後の筋肉疲労の軽減

ブルーベリーは北アメリカ原産のツツジ科スノキ属の落葉低木で、甘く、栄養価が高く、カロリーが低いスーパーフルーツの元祖として現在最も世界で普及しているベリーです。

ブルーベリーにはビタミンC、ビタミンA、ビタミンK、マンガンなどのビタミンミネラルから、アントシアニン、レスベラトロールフェノール酸、フラボピリドール、エラグ酸、アネトールなど人体に有益な化合物が豊富に含まれています。

多種多様な抗酸化物質を網羅するブルーベリーは、細胞組織を損傷させ、老化・病気・癌を促進するフリーラジカルの抑制作用に優れており、さらにアルミニウム、ヒ素、カドミウム、鉛、水銀などの重金属キレート作用も持つことから、ベリー類の中でも特に正常細胞の癌化防止作用に優れると考えられています。

また、ブルーベリーに多量に含まれるアントシアニンは容易に血液脳関門を通過することができるため、酸化ストレスによる神経細胞(ニューロン)の炎症を減少させることで脳機能を改善させて、記憶力や認知機能、学習能力を高めることができます。

その他にも食物繊維で満腹感を増すことによる食欲の抑制および消化機能の補助、抗炎症作用による激しい運動後の筋肉損傷の軽減、レスベラトロールによる長寿遺伝子の活性化、血圧とコレステロール安定化による生活習慣病の緩和効果なども期待することができます。

上記の通り万能フルーツと言えるブルーベリーですが、健康利益のそのほとんどがアントシアニンによるものだと考えられています。

ブルーベリーの原生種であるビルベリーブルーベリーと比較してアントシアニンを2倍以上も含むことから、近年サプリメント業界ではビルベリーを配合することが多くなっています。

ブルーベリー過剰摂取による副作用は特に危険視するものは確認されていませんが、血糖値を低下させることがあるため糖尿病や低血糖患者の大量摂取は注意が必要となります。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでブルーベリーサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • しわ・しみ・たるみの改善
  • UV-AやUV-Bなど紫外線による日焼け緩和対策
  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス
  • 食欲を抑えるなど食欲の軽減効果
  • 筋肉疲労や炎症の治癒力向上
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 吸収消化など消化器機能の向上

ハーブ. スパイス.