ブラックペッパー(バイオペリン、ピペリン)画像

ブラックペッパー(バイオペリン、ピペリン)の基本的な効能効果

ブラックペッパー(バイオペリン)の体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

ブラックペッパーの主な働き

  • 膵臓から消化酵素の産生促進用による消化機能の改善
  • 新陳代謝を上げる作用による脂肪蓄積の抑制
  • 鎮痛作用による呼吸器疾患の緩和
  • 基礎体温の上昇および体内毒素のデトックス
  • 皮膚の色素沈着軽減作用による白斑の改善
  • 胃の塩酸分泌促進および胃の粘膜損傷の抑制
  • 神経細胞の保護作用による認知機能の改善

ブラックペッパー(黒コショウ)はコショウ科コショウ属のつる性植物で、紀元前から料理で使用する香辛料としてだけでなく、民間薬としてインフルエンザ、発熱、片頭痛、筋肉痛、消化器疾患などの治療に利用していました。

アルカロイドに分類される有機化合物ピペリン(バイオペリン)を豊富に含むブラックペッパーは、基礎栄養素ビタミン&ミネラルの吸収率を高める作用に優れており、特にビタミンC、ビタミンB群(リボフラビン、チアミン、ナイアシン、ピリドキシン)、セレン、コエンザイムQ10、クルクミン、レスベラトロール、β-カロテンの生体内利用効率を強化することができます。

そしてブラックペッパーは新陳代謝を高めて脂肪細胞の分解能力を向上させる作用があるため、自然な形で体内の脂肪蓄積を抑制してダイエットのサポートが可能です。

また、ブラックペッパーは優秀な抗炎症と鎮痛効果を有することから欧米では咳や喉の痛み、気管支炎、喘息、副鼻腔炎など主に呼吸器疾患の治療に利用されています。

さらに発汗を促して基礎体温を上昇させ体内毒素のデトックスも可能とするブラックペッパーは、皮膚の角質除去して尋常性白斑(白斑)の改善に非常に有効な自然食品としても知られます。

その他にも癌細胞に対する抵抗性の向上(特に乳癌、結腸癌。)、胃の塩酸分泌促進および胃の粘膜損傷の抑制作用による胃潰瘍の改善、発汗作用による血液循環の改善、セロトニン分泌促進によるうつ病の緩和、神経細胞(ニューロン)の保護作用によるアルツハイマー病・パーキンソン病の改善なども期待することができます。

ブラックペッパー過剰摂取による副作用は特に危険視する副作用は確認されていませんが、呼吸器疾患や胃腸障害を悪化させる可能性が示唆されています。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbでブラックペッパー(バイオペリン、ピペリン)サプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 冷え症や血行障害の改善
  • 食欲増進や食欲不振の改善
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • ダイエット効果や糖質代謝の促進
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス

ハーブ. スパイス.