黒にんにく画像

黒にんにくの基本的な効能効果

黒にんにくの体内での主な効能作用に関しては以下のような働きを担っています。

黒にんにくの主な働き

  • 血管プラークの溶解作用による血液循環の改善
  • 血液浄化作用による肌や髪質の改善
  • 癌細胞の増殖抑制および死滅効果
  • 体内に蓄積した重金属のデトックス
  • 肝臓細胞の修復およびグルタチオンの活性化
  • 酸化ストレスの損傷による脳細胞の保護
  • 腸内の腐敗物質の発酵抑制による腸内環境の改善
  • 胃腸の消化機能を改善による基礎栄養素の吸収率向上
  • 体内の有害微生物や寄生虫の駆除

黒にんにくとは生状態のニンニクを一定管理された温度と湿度の下で長期間発酵させたニンニクのことで、アルギニン・ロイシン(BCAA)・プロリン(L-プロリン)・アラニン・チロシン・トリプトファンなどのアミノ酸、亜鉛・鉄・セレンなどの必須ミネラルが通常のニンニクと比較して倍以上に増加します。

基本的な効果効能としては一般的な生ニンニクと変わりはありませんが、強力な抗酸化作用を持つ硫黄化合物アリシンが発酵過程で含硫アミノ酸S-アリル-L-システイン(SAC)に変化します。

S-アリル-L-システイン(SAC)アリシンと比較して2倍以上の抗酸化作用があり、アンチエイジングや若返り効果、性欲の増進効果、疲労の軽減、運動パフォーマンスの向上などの作用が増強されており、なによりもアリシンによる胃腸への負担が減るため、生ニンニク特有の消化不良のような副作用がまったくないメリットがあります。

また、ニンニクにしか確認されていないS-アリル-L-システイン(S-Allyl-L-cysteine)には、非常に強力な癌細胞の不活性化および死滅効果があり、特に白血病、肺癌、肝臓癌、胃癌、大腸癌、結腸癌、直腸癌に有効だと考えられています。

さらにS-アリル-L-システイン(SAC)には優秀な抗アレルギー・抗炎症作用があり、欧米では花粉症、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎の緩和は勿論、化学物質過敏症、自己免疫疾患の治療に利用することがあります。

その他にも血糖値・血圧・コレステロール調整作用による糖尿病・糖尿病性合併症の予防緩和、鉛、水銀、カドミウム、ヒ素など重金属の解毒、アルコールや有毒な化学物質によって引き起こされた肝臓細胞の修復効果も確認されています。

しかし、近年発見されたばかりの物質であるS-アリル-L-システイン(SAC)は、そのほとんどが動物実験によるもので、ヒトへの検証はほぼ行われていません。

生ニンニクと比較してアリシンの含有量が少ないため毒性が低いと考えられているものの、過剰摂取による副作用などの有無が不明な点を理解してご利用ください。

サプリメント個人輸入サイト最大手iHerbで黒にんにくサプリランキングをチェックする。

期待できる効能効果

  • 吸収消化など消化器機能の向上
  • 冷え症や血行障害の改善
  • 血糖値を下げ健康的な総コレステロール値の維持
  • 疲労回復効果の促進
  • 食欲増進や食欲不振の改善
  • 便秘軟便下痢など腸内環境の改善
  • 免疫力を高めるなど身体機能全般の向上
  • インフルエンザや風邪の予防
  • ニキビや吹き出物など肌荒れを予防改善
  • アンチエイジング/老化予防/若返り効果
  • 抜け毛や薄毛の緩和/育毛効果や頭皮環境の正常化
  • 花粉症やハウスダストなどアレルギー症状の緩和
  • 運動パフォーマンスの向上
  • 筋肉疲労や炎症の治癒力向上
  • 性欲増進効果
  • 集中力や記憶力など脳機能全体の向上
  • 化学薬品や重金属など有害物質のデトックス

ハーブ. スパイス.